ご希望の服屋・洋服店[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
服屋・洋服店[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

服屋・洋服店[アパレルショップ]情報(春)

アパレルショップは色とりどり!春服を選びに出かけよう!



春になると、道に季節の花々が彩るように、アパレルショップに並ぶ洋服も春らしい、明るい色が並ぶようになります。あなたがお買い物をするなら、店舗に行く?それともネットで購入する?春の装いを楽しむ際に参考にしたい、店員さんのコーディネイトやお得な買い物方法をご紹介します。

アパレルショップ店員さんのコーディネイトを参考に

アパレルショップ店員さんのコーディネイトを参考に

春服を上手に着こなすには、アパレルショップの店員さんのコーディネイトを参考にしてみましょう。ブランドは販売戦略として、コンセプトに合ったトレンドを発信しています。それをお客さんに提案するため、店員さんは販売しているアイテムを着用している場合が多いのです。だから、店員さんのコーディネイトを見に行くだけでも参考になります。雑誌やネット上では分かりにくい、「サイズ感」や「フィット感」が分かるため、自分が着たときのイメージもしやすいはず。

春はまだ気温も安定せずトップスに悩む人も多い季節ですが、そんなときは店員さんに直接聞くと、何を合わせたらいいのかのアドバイスがもらえます。店員さんは気になる服が似合うかどうか、寸法が合うかどうかなどの相談にも乗ってくれる心強い存在。店員さんのコーディネイトを参考にするとともに、アパレルショップに買い物に行ったら積極的に話しかけて相談してみるのがおすすめです。

お店に行けない場合は、ファッションコーディネイトサイトやSNS、セレクトショップのホームページなどでも、店員さんの着こなしを参考にすることが可能です。

ネットでお買い物して掘り出し物を見つけよう

多くのアパレルショップでは、「実店舗」の他に「ネットショップ」を開設し、「実店舗」と同じ洋服を買うことが可能です。「ネットショップ」を利用したいけれど、サイズや色など、現物を見ないで買うことが不安という人は、「実店舗」で確認してから購入すれば、安心。アパレルショップによっては、「実店舗」とは別に、「ネットショップ限定」のセールを設けている場合があります。サイトを頻繁にチェックすることによって、お得に買い物をしたり、サンプル商品(試作品)などの掘り出し物を見つけたりすることも可能。

アパレル系の「ネットショップ」は、営業時間や休業日を設けていないところがほとんどです。そのため、自分の都合が良い日や時間帯に商品を購入できるのが、良いところ。

また、「実店舗」を持たずに「ネット通販」だけで洋服販売を行なっている「ネット通販ショップ」というものがあります。「ネット通販ショップ」が、「実店舗」を持つアパレルショップと違うところは、とにかく「低価格」という点。その理由には、「実店舗」を持たないため土地代やお店の運用費用がかからないこと、スタッフが最小限で済むため人件費がかからないことなどが挙げられます。「ネット通販ショップ」はお店ごとに独自の企画をしていて、一部では、購入前に試着ができ、返品が可能というサービスを展開。試着した上で自分の好みやサイズに合った洋服を買うことが可能なのです。「ネット通販ショップ」の中でも、ひとつのブランドを取り扱うところもあれば、複数のブランドの服をひとつのネット通販サイトで購入できるところもあります。色々な服のサイズや価格などを、短い時間で比較できるところもネット通販の利点です。

春のお悩み、花粉が付きにくい素材とは?

春になると、悩む人が現れるのが花粉症。花粉症対策をするには、マスクや眼鏡だけでなく、着用する洋服にも気を付けましょう。一般的なスギやヒノキの花粉は、繊維に絡まりやすく、取れにくい特徴があります。花粉症の症状がひどい人は、花粉が飛散している春の間は、花粉が付きにくい洋服を着用するのがおすすめです。例えば、「綿」は花粉が付着しにくい素材。「ポリエステル」や「ナイロン」も表面がつるつるしていて、花粉が付いたとしても落としやすい素材です。「綿」の洋服を着て、肌寒さを感じる場合は、アウターに「ポリエステル」や「ナイロン」素材のものを合わせましょう。

これに対して、花粉症の時期に着用を避けたいのは、「ウール」や「起毛素材(布の表面の繊維を毛羽立てたもの)」です。その理由は、静電気を発生させてしまうから。静電気は花粉を寄せ付けやすいので、「毛足の長い素材」や「ウール」に絡まると、取れにくくなります。花粉症を悪化させないためにも、「起毛素材」は避けましょう。洋服に付いた花粉を除去するには、家に入る前に、ジャケットなどのアウターを脱いで、玄関の外で花粉を振り落とすこと。その際、「粘着テープ」を使うこともおすすめです。また、洗濯の際に「柔軟剤」を使用すると、静電気の発生を抑制できます。洋服の繊維を開発する会社では、織りの密度を狭くして花粉を入れにくくする生地や、表面に特殊加工を施して花粉を落ちやすくする生地を開発するなどの取り組みを展開。アパレルショップに並ぶ春服のラインナップがますます広がっています。

ロード中
ロード中
ロード中

冬は防寒に負けておしゃれは二の次という人も多いのではないでしょうか。しかし、ようやく寒さもが和らぎ、ポカポカとした陽気に誘われた春にはファッションの幅も広がり始めます。アパレルショップには様々な洋服が並び、アパレルショップの店員の装いも華やかに。春らしい洋服を選びに街へ出かけてみませんか?ファッションには敏感という方のために、春に人気上昇中のアイテムやその歴史についてご紹介します。

春のトレンド・ブームの発信地

春のトレンド・ブームの発信地

日本のトレンド発信地といえば、まず思い浮かぶのは東京。中でも渋谷・原宿・表参道は、流行に敏感な若者が集まります。アパレルショップも充実しており、春らしい洋服もずらり。渋谷のランドマーク「109」などには、「カリスマショップ店員」と呼ばれる店員がいて、店員を目当てにショップに足を運ぶお客さんも少なくありません。その他にも、東京にはファッションに関するブームが幾度となく起こっています。このような眠らない街と言われている東京で起こったブームについて見てみましょう。

カリスマショップ店員ブームの再燃

カリスマショップ店員とは、自分でその店の服を素敵に着こなして魅力的に見せ、たくさん売れるようにする販売のスペシャリスト。そのため、お店と洋服の魅力を最大にアピールすることに使命を感じ、お店の洋服を魅力的に着こなし、最大に自分を美しく見せるための努力も惜しみません。このようなカリスマショップ店員にはたくさんのリピーターが付いています。その理由は、コミュニケーション能力の高さ。流行のファッションはもちろん、お客様の好みも掴みそれぞれに合った会話を心がけているからです。

その他、人気カリスマショップ店員が登場するイベントも開催。これには、たくさんのファンが詰めかけます。1990年代後半、カリスマショップ店員ブームが巻き起こりましたが、その後は、テレビ出演するなどの活躍もしています。

ロリータファッションブーム

日本のオリジナルファッションとして、世界中で認知されている「ロリータファッション」。ふんわりとしたワンピースや、ジャンパースカートに、大きなリボンカチューシャやヘッドドレスを合わせた「ロリータファッション」は、ピンクや水色など、パステル系の色が基本の甘めなスタイルです。ロリータスタイルが好きな人にとって、春は待ち遠しい季節。国内では、東京はもちろん繁華街に行けば必ずと言っていい程見かける、おなじみのファッションとして定着しており、ロリータファッションファンは、国内外を問わず増え続けています。2013年(平成25年)2月には「日本ロリータ協会」が設立されました。2016年(平成28年)11月12日には、「日本ロリータウエディング協会」が設立され、ロリータファッションで出席できる新しいウェディングの形「ロリータウエディング」も人気を集めています。

アニマルファッションブーム

2016年(平成28年)からアニマルファッションブームが到来。春はアニマル柄・モチーフのアイテムも充実しています。レオパード柄(ヒョウ柄)やゼブラ柄はインパクトがあり、ひとつ取り入れるだけで着こなしのアクセントに。

アニマル柄初心者は、スカーフがおすすめです。春はやわらかな素材のストールにアニマル柄を取り入れてみると、顔周りがぐっと大人っぽく華やかな印象になります。春らしい軽やかなワンピースやデニムスタイルにも、アニマル柄は好相性。この春は、クラッチバッグやポシェット、パンプスなどの小物類にアニマル柄を取り入れてみましょう。

春夏に大活躍!ショートパンツ

暖かくなってくると、軽快なショートパンツのコーディネイトを街で見かけるようになります。ショートパンツは、街でもリゾートでも活躍するおしゃれアイテム。春はアパレルショップで購入したショートパンツを颯爽と着こなしてみませんか?

ショートパンツの流行

2006~2007年(平成18~19年)、10代から20代向けの雑誌でショートパンツが登場し、若い女性の間で流行しました。ショートパンツはニーソックスやロングブーツとの相性がよく、春夏の人気アイテムに。その後、2014年~2015年(平成26年~27年)にかけて人気が再燃しています。男性においては、2011年(平成23年) 頃からひざ丈の「短パン」が市場に普及。街でもレジャーでも履けるアイテムとして定着しています。

ショートパンツの着こなしポイント

女性のショートパンツスタイルは元気で健康的に見えますが、思い切り足を出すのは抵抗があるという人も少なくありません。そんな方は、シャツを腰に巻いてアクセントにしてみましょう。目線をシャツにひきつけ、お尻や足を隠してくれるので、体形カバーが期待できます。

ゆったりとしたロング丈のカーディガンを羽織るのもおすすめ。上品でフェミニンな印象になり、同じく体形カバーに効果的です。ジャケットとパンプスを合わせると、シックで大人なコーディネイトになります。いずれも、コーディネイトに迷ったらアパレルショップの店員を参考にするのも良いでしょう。

アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)の取り組み

アパレル業界全体を支えている団体に、一般社団法人 日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)があります。この団体の活動内容は、アパレル業界としての地域復興支援や障がい者支援することや、アパレル業界全体の人材育成。その他、様々なアパレル業界で働く方たちの架け橋にもなるような活動もしています。その取り組みの一部はこのようなものです。

障がい者スポーツを応援「TEAM BENCH」

2017年(平成29年)の春夏物を対象に、ファッションで障がい者スポーツを応援する「TEAM BENCH(チームベンチ)」を立ち上げ。「ファッションで障がい者スポーツを応援する」という趣旨に賛同した企業やデザイナーは、独自の創造性と高い品質のものづくりをし、一般消費者に商品を提供するものです。

参加者は、自身のブランドのタグに加え、「TEAM BENCH」のタグを付けることが決まり。「TEAM BENCH」のタグは、1枚100円で参加者が購入し、タグ代収入の一部は公益財団法人日本障がい者スポーツ協会へ寄付されます。

働く人たちの架け橋「JAFIC PLATFORM」

アパレル企業は自社商品の開発に勤しんでいます。そのため、日本国内のデザイナーやディレクターといった技術者たちには、才能を発揮する場所が必要です。このようなデザイナーやディレクターたちにとって大切なのは出会いの場。その理由は、時代の流れに合わせてファッション業界には新しい発想が求められるからです。

その発想は一人では生まれません。そのため、ひとつの企業でファッションデザインなどを考えるよりも、外に出て同じ業界の人とコミュニケーションを取りたいと考えている方が多くいます。そこで、このような技術者たちの「出会いの場」として開設されたのが、「JAFIC PLATFORM」。優れた才能を活用し、新たなビジネスモデルを創出することが目的とされています。

優秀な人材の育成事業

アパレル企業がより優秀な人材を育成し、支援するための事業。その事業内容は、アパレル企業とアパレル業界へ就職を希望する学生との出会いの場としてセミナーや合同説明会を行なう就職支援活動や、アパレル事業の人材育成を応援するキャリア開発、社会人の能力開発を支援する能力開発セミナーの開催などです。


毎年流行が移り変わるアパレル業界では、秋になるとすでに翌年の春夏コレクションが発表されています。トレンドに敏感な人はいち早くキーワードを押さえ、アパレルショップなどのアイテム選びの際、上手に流行を取り入れたいものです。

服飾の祭典・ファッションショー

服飾の祭典・ファッションショー

ファッションショーとは、世界の有名ブランドが新しいアイテムを発表するイベントです。英語圏ではイベントが数日に渡ることから「ファッション・ウィーク」と表現しています。

近年、日本では一般的にファッションショーのことを「コレクション」と呼び、世界4大コレクションの次点に位置する東京コレクションが開催されます。その他にも、モデルがランウェイで着ている服を見ながら、アパレルショップへ行くことなくオンラインで購入できるという若者向けの「東京ガールズコレクション」などが有名。

このように多様化するファッションショーですが、基本的には「オートクチュール」と「プレタポルテ」の2つに分かれます。

オートクチュールとプレタポルテ

オートクチュールとはフランス語で「高級な仕立て服」という意味で、オーダーメイドの洋服のことです。コルセットなどを除いてはすべてひと針ひと針手縫いで作られ、ミシンは使いません。刺繍やレースなどの複雑な模様も手編みで作られるため、非常に手間がかかっています。服飾素材も最高の物を使用し、熟練した職人によって仕立て上げられた服は非常に高い値が付くため、顧客はもっぱら世界の上流階級層です。

それに対し、プレタポルテとはフランス語で「そのまま着られる」、つまり既製服を指しています。しかし既製服とは言え、日本では普通プレタポルテとは「高級既製服」という意味合いで使われています。

また、オートクチュールを仕立てる店はフランス語で家や建物を意味する「メゾン」と呼ばれ、プレタポルテを作る店は「ブランド」と称されるのが一般的。昔はオートクチュールのメゾンとプレタポルテのブランドは分かれていましたが、現在では元々オートクチュール専門店であったほとんどの店がプレタポルテも手がけています。

世界の有名なファッションショー

世界の主要都市では、様々なコレクションが開催され、アパレルショップのスタッフなどの注目を集めます。会場には世界中のバイヤーや顧客、プレスやジャーナリストなどといった招待客が各ブランドの新作を目当てに集まります。

ニューヨーク・コレクション

アメリカの都市、ニューヨークで開かれるプレタポルテのコレクション。

世界4大コレクションである、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの中で一番早い時期に開催されます。ウィメンズの春夏コレクションは9月上旬、秋冬コレクションは2月上旬に8日間に渡ります。他のコレクションと違ってメンズ部門がまだ独立していないことから開催の日程は流動的ですが、現実の生活を意識した実用的な服が多いのが特徴です。

ロンドン・コレクション

春夏は9月中旬、秋冬は2月中旬の5日間、イギリスの首都ロンドンにて開催されるプレタポルテコレクション。

ロンドンは1960年代のモッズやミニ、1970年代のパンク発祥の地でもあるため若者のストリートファッションが深く関連していると言えます。現在はパリやミラノを目指す若手デザイナーが中心となって盛り上げを見せています。

ミラノ・コレクション

ニューヨーク、ロンドンにつぎ3番目に開催されるのがミラノ・コレクション。春夏は9月下旬、秋冬は2月下旬にイタリアのミラノにおいて7日間催されます。ミラノ・コレクションでは、素材や着心地を重視した大人志向のコレクションが多いのが特徴。1980年代以降から人気がでたジョルジオ・アルマーニなどとともに、パリ・コレクションに続く大規模なショーに成長しました。現在の主な参加ブランドは、ジョルジオ・アルマーニ、ドルチェ&ガッパーナ、ジルサンダー、プラダ、グッチ、エミリオプッチ、フェンディなど有名ブランドが揃い、毎回注目を浴びています。

パリ・コレクション

ミラノ・コレクションの翌週に行なわれるのが、パリ・プレタポルテ・コレクション。日本でも「パリコレ」の名で親しまれ、すべてのデザイナーやモデルが憧れるような圧倒的にステータスの高い大規模なショーと言えます。

パリ・コレクションにおいては世界で唯一オートクチュールとプレタポルテ両方のコレクションが発表されます。かつてはパリ・コレクションと言えば春夏は1月、秋冬は7月に開催されるオートクチュールコレクションを指しましたが、現在ではプレタポルテのコレクションを意味するようになりました。それらを区別するため、オートクチュールは「パリ・コレクション・オートクチュール編」と呼ばれることもあります。


ミシンと靴は、ファッションを左右する大切な役割を持っていて、3月はそれぞれの記念日が制定されています。

ミシンの日(3月4日)

ミシンの日(3月4日)

アパレルの裁縫に必要なミシンは、産業革命時代のイギリスで、トーマス・セントがチェーンステッチができる機械を発明したのが最初で、その特許を取ったのが1790年となっています。それから200年後に当たる1990年に、日本縫製機械工業会が、語呂合わせで3月4日を「ミシンの日」と定めました。ミシンとは「ソーイング・マシン」の「マシン」がなまったもので、日本には1854年にペリーが2度目に来航した際に将軍家に贈ったという記録が残されています。また、ジョン万次郎がアメリカ土産に持ち帰ったという記録もあります。

ミシンが普及し始めるのは明治時代になってからで、最初は輸入品に頼っていましたが、次第に国内でも生産されるようになり、大正時代には量産化へと移行しました。ミシンが大きな脚光を浴びたのは第二次世界大戦後で、繊維製品が主な輸出品となったため、ミシンの需要は飛躍的に伸び、規格も統一されました。また、ミシン製造でも良質で高性能のものが作られ、家庭用、工業用とも海外に輸出するようになりました。

今ではコンピューターを内蔵し、あらゆる縫製加工ができるまで進化しています。ここでも日本の確かな技術が、アパレル産業を支えています。

靴の記念日(3月15日)

靴の記念日(3月15日)

「オシャレは足元から」と言いますが、靴は普段の身だしなみの中でも重要なアイテムです。日本で西洋の靴が履かれるようになったのは、江戸時代末期の頃で、坂本龍馬がブーツを愛用していたのは有名です。日本で靴の生産が始まったのは、文明開化が始まった1870年の3月15日で、この日が「靴の記念日」となっています。陸軍の創始者である大村益次郎は、輸入した軍靴が大きすぎたため、日本人に合う靴を作ることを提案しました。これを受けて、御用商人の西村勝三が東京・築地で、日本初の西洋式の靴工場を始めました。最初は軍靴が大量に作られましたが、華やかな鹿鳴館時代を迎えて西洋の服装が流行すると、それに合わせて一般用の靴も作られるようになりました。その後は西洋文化が浸透し、靴の製造工場も増え、量産化していきました。日本靴連盟が靴の記念日を制定したのは昭和初期の1931年です。

その後は時代の変化に合わせて様々な靴が登場しました。素材やデザインも常に流行を捉えたものが発売され、今ではファッションの一部となっています。ビジネスやスポーツ、カジュアルなどジャンルも細分化し、また、最新テクノロジーを駆使して、履き心地の良さを追求したものも多く出回っています。