施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル・ファッション用語集(は行)



アパレル・ファッションに関する用語(は行)をご紹介します。

バイアス

バイアス(バイアス)

「斜め」「偏り」を意味し、布地を斜めに裁断したもの。通常は、生地の織り方向の縦か横に裁断するが、斜めに裁断することで伸縮性に優れ、ドレープ感を十分に出してやわらかい印象を与えることができる。織り方向に対して45°に裁断したものを「正バイアス」と言い、一般的なバイアスはこの裁ち方を指し、スカートなどに用いられる。67?68°に裁断したものは「ハーフバイアス」、または「スコバイ」と呼ばれ、特殊な用途に用いられる。

パイル

パイル(パイル)

布地表面にループ(パイル)を出した織物のこと。経糸をパイルしたものと緯糸をパイルしたものの2種類があり、経糸でのパイルは長さが比較的自由に作成できる。2種類の経糸を使う特殊な織機で織る。また、パイルをカットしたのを「カットパイル」、カットしないものを「アンカットパイル」と言い、カットパイルではタオルや毛布が有名。アンカットパイルは、ビロード、ベルベット、コーデュロイなどが知られている。衣類の他に室内装飾品などにも利用される。

パターンメーカー

パターンメーカー(パターンメーカー)

アパレル・メーカーなどで型紙を作る人のことを言う。デザイナーがイメージした通りの服を形にするため、デザインの原型となる標準サイズを作り、そこから実際のサイズを出すことが中心となる。キャリアや感性、技術、服飾の総合知識が求められる。また、縫製の仕様や製造現場への指示、品質管理、商品サンプル作りなども行ない、ひとつの商品の製作から販売までをこなす。20世紀後半以降は、パターンメーカーの役割が大きくなっている。

パフ・スリーブ

パフ・スリーブ(パフ・スリーブ)

パフとは「膨らませる」を意味し、袖口や袖山にギャザーを入れて中間部を膨らませたもの。歴史は古く、ルネサンス時代に登場した。袖口をカフスで留めるものが多く、子供服によく見られる。主に、短い袖に用いられ、中間に大きな膨らみを持たせたものは「ランタンスリーブ」と言い、提灯のような丸みのある膨らみがある。また、中袖では肩から肘くらいかけて膨らんだ袖を「バルーンスリーブ」や「メロンスリーブ」と言う場合もある。

パリコレ

パリコレ(パリコレ)

「パリ・コレクション」の略で、メーカーやデザイナーが、新作を発表するために1年に2回パリで開かれるファッションショー。春夏と秋冬に分けて行なわれる。オートクチュールは1月と7月に、プレタポルテは3月と10月に、メンズは2月と7月に開かれる。19世紀に始まったこのショーは、当初はオートクチュールだけで、定期的に開催されるようになった20世紀になると、世界中のモードが決まる程注目を浴びた。1973年にプレタポルテ部門が設定されると、世界中のデザイナーが作品を発表するようになり、新進の優れたデザイナーを輩出した

パンタロン

パンタロン(パンタロン)

フランス語で「パンツ」を意味し、ズボン、パンツの総称とされる。日本では70年代に流行した裾が広がったズボンを指す場合が多い。元々はキュロットに代わって着用された男性用ズボンのことで、脚に沿ってぴっちりしたものや、真っ直ぐでゆるみのあるものなどがあった。その後、様々な変化を経て、ズボンとして発達していった。また、19世紀初期に、女性がスカートの下にはいていた下着用の装飾ズボンも「パンタロン」と呼んでおり、のちに外衣として普及し、スラックスとは別の女性用タウンウェアとして発展した。

パンティストッキング

パンティストッキング(パンティストッキング)

タイツ状に腰元まで包むように編んだストッキング。左右2本のストッキングとパンティを一続きにしたもので、パンストと略すこともある。ガーターが不要で太ももがスッキリし、動きやすくて軽いことから、女性ファッションのマストアイテムとなっている。普及する前は、舞台衣装やスポーツウェアとして利用されていたが、ミニスカートの流行により一般の服装として普及した。色は肌色や黒が一般的だが、明るい色彩のものも多く登場し、柄が入ったもの、レース状のものもある。また、下腹部にガードル機能を持たせてサポート力を強化したものなど、様

パンプス

パンプス(パンプス)

はき口が大きく、足の甲を出したスリッポン型の浅底靴の総称。元々男性靴も「パンプス」と呼ばれていたが、今では婦人靴の定番として認識されている。イギリスでは「コートシューズ」と言う。足の甲が広く開いているため、足を滑らせて楽にはけるのが特徴。一般的に3cm以上のヒールが付いたものが多い。本来は、正装用として用いられてきたが、素材やデザインの多様化でカジュアルなものへと変化していった。オペラパンプス、オープンパンプス、プレーンパンプスなどの種類がある。

ヒップハンガースカート

ヒップハンガースカート(ヒップハンガースカート)

ウエストで締めずに腰の骨に引っかけるように着けるスカートのこと。「ヒップボーン・スカート」とも言う。通常のスカートは、ベルトの位置がウエストラインにあるが、それより低い腰の位置に付いているのが特徴。大抵はタイトなシルエットが多いが、腰の途中までがタイトで、ヨークの切替えやプリーツによって、下の方に余裕を持たせた形のものもある。丈は短めが多く、セーター、ブラウス、メンズシャツなどと組み合わせて用いたり、ブーツを履いてスポーティーに見せたりする場合もある。ヒップハンガースカート用のベルトは、「ヒップボーン・ベ

ビスチェ

ビスチェ(ビスチェ)

醸成用の簡単な胸衣のトップのひとつ。本来は、肩紐がなくウエストまでの丈の長いブラジャーで、胸元の開いたドレスの下に着けていた。肩紐がないためトップで胸部をぴったりと包み、バストラインの上部で水平にカットされている。素材はニット、ジャージーが使われ、シャーリングやスモッキング刺繍が施されるものが多い。以前は、室内着として用いられたが、1970年代後半にアウターウェアとして浸透すると、ジャケットやカーディガンなどと組み合わせて着用されるようになった。

ピーコート

ピーコート(ピーコート)

打ち合わせが深い腰丈のコート。「ピー」とは、オランダ語で「粗くて暖かいウールの織物」を意味する。左右いずれも前にすることができる。防寒用以外に、レインコートとしても利用する。古くは船員、漁師、労働者が防寒のために着用されていたもので、ファッションとして使い始めたのは1920年代。男女とも愛用される程高い支持を得た。ギャバジン、ブリッジ・コート、パイロット・ジャケットなどとも呼ばれる。大きめのリーファーカラー、縦に切り込みを入れたようなマフポケット、大きなボタン、ダブルブレスト、センターベンツ、ノッチド・ラ

ピアス

ピアス(ピアス)

耳たぶに小さな穴を開けて、その穴に留め具を挿して留めるイヤリングや耳飾り。日本では、耳たぶ以外の体の部位に穴を開けて装飾することも「ピアス」と言うが、英語ではピアスはイヤリングの一種としており、正確には「ピアスド・イヤリング」と言う。釣り針状に曲げた針を穴に引っかけたり、耳たぶの裏側で針先をねじで留めたりなど、留め方には様々な種類がある。インドやエジプトの古代文明でも耳にピアスをしていた記録があり、装飾品としても古い歴史を持つ。

ファンデーション

ファンデーション(ファンデーション)

「基礎」という意味があり、化粧品ではメイクの下塗り用を言うが、ファッション業界では体のスタイルを美しく保つための補整機能を持つ女性用下着を意味する。正確には「ファンデーション・ガーメント」と言う。主なものに、ウエストニッパーやガードル、コルセット、ボディースーツがある。この下着には、体を補正する目的があるので、装飾的なランジェリーや保温などの実用的な肌着のアンダーウェアとは一線を画す。素材には、ポリウレタンなどの伸縮性に富んだものが多く利用される。

フライフロント

フライフロント(フライフロント)

前身頃の打ち合わせの端を二重にし、表から見えないように布と布の間にボタンやファスナーを配置して仕立てたもの。鳥が羽を休める形に似ていることから「比翼(ひよく)仕立て」とも言う。コートやジャケット、シャツ、パンツなどに見られる他、フォーマル向けのシャツやヨーロッパ調のシャツによく見られる。正面からボタンやファスナーが見えないため、フロントがすっきりしてオシャレ度をアップする。

フラッグシップ・ショップ

フラッグシップ・ショップ(フラッグシップ・ショップ)

「フラッグシップ」とは、海軍で、艦隊の中心として司令官が乗船した旗を揚げた船のことを言う。チェーン店など多店舗展開している小売業において、最も重要な位置づけにある店舗や代表的な店舗を指す。自社店舗の中でも規模が大きく、立地条件に恵まれていることが多いため、高い集客効果がある店舗が選ばれる。自社のコンセプトやブランドコンセプトをアピールしたり、積極的な商品やサービスの提案を行なったりなどの役割がある。「旗艦店」や「フラッグシップ・ストア」などとも言う。

フランネル

フランネル(フランネル)

平織り、または綾織りの毛織物のこと。「ネル」とも言う。本来は、イギリスのウェールズ地方で織られた毛織物の名称。生地の表面が起毛されているため肌触りが良く、柔軟性・保温性に優れている。無地や様々な柄があり、冬物のシャツ、ナイトウェアなどに用いられる。ウール素材が基本だが、厚地で毛羽立った綿素材を使用したものは、コットン・フランネルや綿ネルと言う。ジャケットやスカートなどに用いられる厚手の生地のものは「フラノ」と呼ばれる。

フリース

フリース(フリース)

ポリエステルの一種で作られた起毛仕上げのやわらかい繊維素材。主に、パイル状の両面起毛素材を指すことが多い。ペットボトルを再生して作った製品が増加している。軽量で肌触りが良く、伸縮性や速乾性があるため、スキーなどアウトドアスポーツ向けとして人気がある。重ね合わせると静電気が起きやすい、洗濯すると毛玉ができやすいなどのデメリットもある。最近では、ペットボトル以外にも新素材が開発されており、これらはコーネックスやポーラテックなどと呼ばれている。

フリンジ

フリンジ(フリンジ)

マフラーやショールなどの両端に用いられる房飾りのこと。布端に紐や毛糸を束ねたり、かがったりする。飾りとしてだけでなく、生地の端の糸を結ぶことで、ほつれないように仕上げ的な処理としての目的もある。本来は、手間がかかるので高価になるが、現在は別の糸を付けることが多い。ウェスタン・ジャケットの肩のヨークやレザー・ジャンパーの袖などにも用いられる。これらは布端の糸をほぐしたり、革に切り込みを入れたりして房にする。

フレンチ・スリーブ

フレンチ・スリーブ(フレンチ・スリーブ)

袖付けの切り替えがなく、身頃からひと続きになっている袖のこと。袖付けに切り替えがあっても、肩が隠れる程度の長さの袖のものも含まれる。肩だけでなく、二の腕の露出も抑えることができるため、ノースリーブよりも気軽に着用できる。また、袖口がゆったりとしたデザインのものが多いため、肩の付け根の窮屈な感じや、上に重ね着したときのごわつきも感じない。素材やデザインは様々で、薄手の生地が多く、春夏用のトップによく見られる。

フロッキー加工

フロッキー加工(フロッキーカコウ)

生地に樹脂の層を作って、その樹脂上に短い繊維を植毛のように静電気で差し込んでいく加工方法。これにより、模様や柄などを立体的にデザインすることができる。差し込まれた部分は、短い繊維が密集するためベルベットのような手触りとなる。差し込む短い繊維は「パイル」と呼ばれ、ポリエステルやレーヨンなど様々な種類があり、長さも調整できる。また、複数のパイルを混合することで、複雑な模様や色彩の豊かさを表現することもできる。

ブーツカット・ジーンズ

ブーツカット・ジーンズ(ブーツカット・ジーンズ)

ジーンズの一種で、少し裾が広がり、裾口を前より後ろを長くしたジーンズ。「ブーツカット」と略したり、「ブーツカットフレアジーンズ」とも呼ばれたりする。裾の開きはベルボトム程広がっておらず、ストレートとの中間にある。特に、ウェスタンブーツがはきやすいようになっており、またはいたときに脚のラインが綺麗に見える。また、ジーンズに限らず裾が少し広がったものを一般的に「ブーツカット」と呼んでいる。脚がすらっとしたように見えるため、美脚パンツとしても有名。

VMD

VMD(ブイエムディー)

「ビジュアル・マーチャンダイジング」の略で、商品の視覚表現と商品構成を連動させて売り場づくりを考える手法。消費者の関心を集め、来店客の買い物の利便性を図るとともに、売り場の合理性やスペース性、美しさを追求することが目的となる。店内の商品を見やすく、選びやすく、分かりやすく配置し、さらにインパクトや美観などにこだわることで、消費者の購買意欲をかきたてる。ハードとソフトの両面から、消費者心理に訴えた売り場づくりを行なっていく。

ブルゾン

ブルゾン(ブルゾン)

丈の短いショート・ジャケットのことで、フランス語で「短い上着」という意味。丈はウエストやヒップくらいまでで、英語のジャンパーに近いが、裾をゆるくしてベルトやゴム布、ニット地などでウエスト部分を絞った形や、タックを入れて背中を膨らませた形をしている。日本では、オシャレな雰囲気のショート・ジャケットを指すことが多い。また、ブラウスや婦人の上衣で裾をバンドなどで締め、背中が丸く膨らんだ型のものをブルゾンという場合もある。

ブレザー

ブレザー(ブレザー)

テーラード型のカジュアルジャケットの一種。濃紺の布地とメタルボタンの組み合わせが一般的で、シングルブレストとダブルブレストがある。本来はウールのフラノの布地にメタルボタン、胸にエンブレムを入れたものが基本だったが、現在ではウールなどを用いたり、グレーの生地を使ったりなど素材や色、デザインに多くのバリエーションがある。キャンパスウェアやクラブユニフォームとして普及し、日本では中学・高校の制服に多く用いられている。

プラケット

プラケット(プラケット)

衣服を着脱しやすくするために作られる開きのこと。袖口や襟元、脇などに見られる。本来は、スカートやペチコートなどの縫い目を利用した脇ポケットのことを指した。シャツ類の前立てを意味する場合もある。裾まで完全に開いたものの他に、ポロシャツなどフロントの途中で止められるものは「ハーフプラケット」と言う。その他、ロープラケット、ディーププラケットに分類される。シャツの袖の途中に設けてあるのは「スリーブプラケット」と呼ぶ。

プリーツ

プリーツ(プリーツ)

スカートなどで折り畳んだ部分や布のヒダのこと。一般的に、しっかり折り山が出るように畳まれたものが多い。プリーツの幅や素材によって硬くもやわらかくも見せることができ、華やか表現も可能である。素材にはあまり厚い素材は用いられず、腰が弱くて伸縮性のある素材も適さない。ヒダの取り方や形によって、アコーディオンプリーツやアンブレラ・プリーツと言った立体的なものや、ストレート・プリーツ、ボックスプリーツなど平面的なものがある。

プルオーバー

プルオーバー(プルオーバー)

前後の開きがなく、頭から被って着る衣服のこと。前や後ろをボタンやファスナーなどで留める必要がない衣服の総称。Tシャツやトレーナー、被り式のセーターなどがあり、襟ではタートルネック、ハイネック、Vネックなどがある。また、プルオーバー・コートなどもある。なお、セーターとカーディガンは別物のようにとらえがちだが、セーターは編み物の上着の総称のため、プルオーバー、カーディガン、スリップオーバーの3種すべてが「セーター」と称する。

ヘムライン

ヘムライン(ヘムライン)

裾の線のこと。スカートやドレス、コート、ジャケットなどの裾のラインを意味する。ヘムは縁のことで、袖口やブラウスの裾、フリルの外縁なども含む。上着、スカート、脚の各分量はヘムラインによって決まるため、ヘムラインを適切な位置に持ってくることがオシャレの条件となる。服の設計では、途中で予定のヘムラインを決定するが、立体的に他の衣服と組み合わされたときに、素材の特性などで水平ラインが崩れるときがある。そのため立体的に少し下げた状態でヘムラインを最終決定する。通常は水平にするが、中には斜めにカットしたり何枚かを重ね

ベルベット

ベルベット(ベルベット)

パイル織物の一種で平織か綾織りの経糸にパイルを用いて織ったもの。ビロードや天鵞絨(てんがじゅう)とも呼ばれる。やわらかな肌触りと光沢のある表面が特徴で、フォーマルドレスやジャケット、スカートなどに用いられる。素材は、一般的にレーヨンやシルクが多い。縫いずれしやすいため、縫製には高度な技術が必要となる。ベロアと見た目では区別がつきにくく混同されやすいが、ベロアはストレッチ性のあるニット素材を指すため、製法が異なる。

ホルターネック

ホルターネック(ホルターネック)

女性服のストラップのひとつで、シングルストラップを服の前から首の後ろに回して、留めたり結んだりしたもの。「ホルター」とは、牛馬の首回りに付ける紐のことで、首回りのストラップがこの紐に似ていることから付けられた。肩や背中が大きく露出しているため、セクシーなイメージを与える。背中が大きく開いたバックレス・ドレスでよく使われる。また、水着でもおなじみで、背中全体を日焼けすることができ、日焼けラインを気にする必要がない。

ボタンダウンシャツ

ボタンダウンシャツ(ボタンダウンシャツ)

襟の先を小さなボタンで留めるシャツの総称。素材はコットンのオックスフォード織りが多い。ボタンで襟先を留めることで、襟がめくれることがなく固定できる。また、襟の前部に膨らみができ、独特なカラースタイルを作る。アメリカのブルックス・ブラザーズのオーナーが考案したもので、広く浸透した。日本では1960年代にアイビー・ファッションとして紹介され、学生たちを中心に流行した。現代では、アメリカン・トラディショナルを代表するアイテムとして定着している。

ポプリン

ポプリン(ポプリン)

経糸と緯糸に良質な綿糸を使った平織りの織物。「ポプリン」はイギリスの呼称で、アメリカでは「ブロードクロス」と呼ぶ。日本では、畝の太さで呼称を使い分けている。緯糸方向に細い畝が見え、地合いが緻密で、光沢があり、やわらかで手触りが良い。元々は、絹とウールの交織織物だったが、現在は良質な綿が多く、ポリエステルなどでも作られる。高級シャツや高級ブラウスに多く見られ、スカート、薄手のジャケットにも用いられる他、カーテンやテーブルクロスにも利用される。

ポロシャツ

ポロシャツ(ポロシャツ)

プルオーバータイプの襟が付いた半袖のシャツ。襟部分は1?4個のボタンで留めるのが基本。元々は、ポロ競技に着用されていたシャツだったが、多くのテニスプレイヤーが試合で着るようになったことから一般に普及した。手頃なカジュアルウェアとして定着しており、ゴルフなどスポーツウェアとしても利用されている。素材は、綿や化学繊維で、鹿の子編みが多い。襟部分をジッパーで留めたり、長袖や胸にポケットを付けたりと、様々に派生している。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。