ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル・ファッション用語集(さ行)



アパレル・ファッションに関する用語(さ行)をご紹介します。

サーキュラースカート

サーキュラースカート(サーキュラースカート)

サーキュラーとは円形を意味し、スカートを広げると円形になるデザインのスカート。フレアスカートの布をふんだんに使ったデザイン。ドレープが美しく、ゴージャス感やエレガント感が表現される。内側の円をウエストサイズより大きくしてギャザーを入れると広がりが大きい。また、ウエストラインに角を残すとはっきりしたフレアになり、ウエストラインが丸いと滑らかなフレアになり、ウエストにベルトを付けることが多い。フラメンコのダンスなどで見られる。

サスペンダー

サスペンダー(サスペンダー)

ズボンやスカートを肩から吊すためのバンドや紐のこと。エラスチックゴムなど伸縮性のある素材を用いて、先端部はクリップまたはボタンで留める。ベルトより歴史が古く、昔は男性用ズボンをサスペンダーで固定していた。現代でも、燕尾服やタキシードなどの正装は伝統的にサスペンダーで吊す。ベルトと違って腹部を締め付けないため、肥満体型の人でも体への負担が少ないとされている。サスペンダーはアメリカ英語で、イギリスでは「ブレーシー」と呼ぶ。X型、Y型、H型など様々なタイプがある。

サテン

サテン(サテン)

絹やポリエステル、ナイロンなどを朱子(しゅす=繻子)織りした織物のこと。「本繻子」とも言う。普段目にするサテンは、きらびやかな光沢と滑らかな肌触りで、豪華さやエレガントさを感じさせるが、ウールやコットンなど光沢のないサテンもある。一般的には、女性のドレスや帯地に用いられるが、薄手でできているため摩擦に弱く、尖ったものなどには引き裂かれやすい。また合成繊維では、吸水性がなく湿気がこもり、洗濯に弱いなどの欠点もある。男性用としてはスーツなどの裏地に用いられる。

サファリジャケット

サファリジャケット(サファリジャケット)

カジュアルジャケットの一種。ゆったりした腰丈のジャケットで、襟はシャツカラーかバルカラーになっており、肩にエポーレットが付いている。両胸にはフラップが付いたポケットを配し、腰にはベルトがデザインされている。素材はコットンが多く、軽量で動きやすい。最初は狩猟用として考案されたが、その後改良されて現在の形になった。カジュアルウェアとして浸透したのは1950年代以降で、基本的な特徴を残したまま、色や柄など様々なスタイルに発展している。ベルトやエポーレットがないものは「ブッシュジャケット」として区別されている。

サブリナパンツ

サブリナパンツ(サブリナパンツ)

細身の七分、八分丈の女性用のパンツ。オードリー・ヘップバーンが、映画「麗しのサブリナ」に主演したときにはいていたことから、当時の女性たちに爆発的に流行したためその名が付いた。腰から裾までが体のラインにぴったりフィットしており、足首が露出しているため、カジュアルで活発的な印象を与える。春夏用のパンツとしていまだに高い支持を得ている。裾を折り返したり、リボンを付けたりせずシンプルな形を指すが、柄や色は自由で構わない。

シフォン

シフォン(シフォン)

薄地のジョーゼットの一種で、経糸と緯糸に太さが同じの強撚糸を用いた、薄手で軽い平織りの織物のこと。フランス語のもとの意味は、ボロ布や雑巾。本来は、シルクを使っていたが、レーヨン、ナイロン、メリヤスなど化学繊維のものも多く出回っている。透明感があってやわらかく、軽くてドレープが出やすいため、婦人用のヴェール、ショール、ドレス、ブラウスなど幅広い衣類で用いられ、スカーフや衣服、帽子などの装飾などにも使われる。

シャーリング

シャーリング(シャーリング)

手芸的に細かいギャザーを寄せて、いろいろな模様を立体的に浮き立たせる手法。直線的なものから花柄など曲線的な図案にも幅広く使える。ジョーゼットやタフタ、シフォンなど光沢のある絹から木綿などのやわらかい布地が多い。衣服のヨークやウエスト周り、袖口など部分的な装飾で用いられる他、室内装飾やハンドバッグ、ポーチなどにも利用される。また、簡単にシャーリングを出すために、シャーリングテープなども登場している。

ショートパンツ

ショートパンツ(ショートパンツ)

ズボン丈の分類のひとつで、丈の短いパンツの総称。1970年代前半に流行したホットパンツと、膝上丈のハーフパンツの中間にあたるとされている。一般的には太ももをさらけ出して脚を強調した短いものを言う。スポーティーで活発的な印象を与える。そのため夏用としての着用が多いが、タイツやストッキング、ブーツとの組み合わせとして、冬に着用するケースも多い。カジュアル的なもの以外では、スポーツウェアによく見られる。

ジェギンス

ジェギンス(ジェギンス)

ジーンズとレギンスの合成語で、ジーンズのように見えるレギンスのこと。または、レギンス感覚ではけるジーンズのこと。「デニムレギンス」とも言う。素材はレギンスと同じ伸縮性のあるものが使われ、ジーンズのようにボタンとジッパーが付いて前が開くデザインとなっている。シルエットはタイトだが、ストレッチが利いているためはきやすい。体のラインにフィットし、足を長く細く見せられる利点がある。褪せたジーンズのような風合いから無地のスッキリしたものまでカラーバリエーションも豊富に揃っている。

ジャージー

ジャージー(ジャージー)

ニットの編み方の一種として、また、その編み方によって伸縮性を持たせた生地の意味もある。編み方は「ジャージー編み」、生地は「ジャージー生地」とそれぞれ呼ばれる。編み方には“丸編み”と“横編み”があり、ジャージー生地で作られた衣類やトレーニングウェアも「ジャージー」と呼ぶ。素材は、以前は伸縮性のあるポリエステルが使われていたが、伸縮性を求めなくなってからはポリエステルが多くなっている。イギリスのジャージー島で漁師が着用していたニットの上着に由来する。

ジャカード編み

ジャカード編み(ジャカードアミ)

2色以上の色糸を使って、ゴム編みと浮き編みを組み合わせた編み込み模様のこと。フランス人の繊維技術者ジャカールが、複雑で精巧な模様を編める編み機を発明したことからその名が付いた。それ以前は、複雑な模様の生地を織ることは非常に手間がかかった。無地柄と色柄があり、無地柄は凹凸や粗密を組み合わせて立体的な柄を表す。色柄は、2?4色の色糸の配色で柄を表現する。ストライプ柄をジャカード・ストライプ、格子柄をジャカード・チェックと言う。

ジレ

ジレ(ジレ)

袖がなく丈の短い衣服で、ジャケットの下に着用する女性用のベスト、チョッキのこと。元々は、男性用として着用されていたもので、18世紀にイギリスから丈の短いウエストコートがフランスに紹介されたときに「ジレ」と呼んで、ジャケットの下に着用した。のちに丈が短くなり、スーツが確立されてから揃いで着るようになったが、カジュアル的に上着を着けず、シャツの上にジレだけを着るファッションも流行した。女性用としてフリルやレースをあしらったものが登場し、装飾的なジレが多く登場したことで、女性らしいオシャレを強調している。

スウェット

スウェット(スウェット)

スウェットは「汗」という意味で、スポーツウェアなど汗を吸収する衣服の総称。吸湿性の良いコットンやポリエステル混紡のジャージーが一般的。プルオーバーのスウェットシャツ、スウェットパンツ、上下を合わせたスウェットスーツなどがある。本来は、スポーツウェアとして開発されたが、デザイン性を高め、カジュアルウェア、ホームウェアとしても人気が高い。トレーナーは、英語でスウェットシャツを言う。手軽にゆったり着られて、秋冬の定番アイテムとして定着している。

スエード

スエード(スエード)

塩基性硫酸クロムでなめした仔牛や羊、ヤギなどの皮の裏側を、サンドパーパーなどで磨いて起毛した合成皮革。スエードはフランス語だが、本来は「スウェーデン」を意味し、この技法を考案したのがスウェーデンだったことから由来する。ジャケットやパンツなど衣類にも用いられるが、手袋や靴、ベルト、帽子などに使われるほうが多い。皮であるために耐久性があり、オンからオフまで使い回しが自由にきく。しかも雨に強く、手入れも手軽である。

スカルプチュア

スカルプチュア(スカルプチュア)

付け爪の一種で、自爪の上にアクリルやジェルを盛り付けて、爪を延長したり補強したりする。ネイルチップに比べると、爪の大小に関係なく自然な仕上がりが可能で、カラーの材料を用いることで、摩耗しても色を保つことができるなどのメリットがある。装飾以外には、医療目的で使用されることがある。その一方で、仕上がりに時間がかかったり、除去作業は専門家に依頼するため費用がかかったり、定期的なメンテナンスを必要とするなど、デメリットもある。

スキッパー

スキッパー(スキッパー)

襟のデザインが重ね着のように見えるニットウェアのことで、異なった襟型を二重にすることで、重ね着をしているように見える。Vネックに襟が付いたものが一般的。メンズニットとして人気があったため、レディースニットとしても人気を集めるようになった。襟付きのクルーネックやVネックとタートルネックを組み合わせたもの、襟の大きさが異なる丸首を重ねたTシャツなどがあり、襟型の組み合わせはバラエティーに富んでいる。イギリスのメーカー名に由来して名付けられた。

ステンカラーコート

ステンカラーコート(ステンカラーコート)

男性用コートの一種。「バルカラーコート、スタンドフォールカラー」などと呼ばれることもある。襟は後ろが高く、前が低い折り返すタイプで、袖はラグランスリーブ、ボタンは比翼仕立てで、ゆったりとした着心地が特徴。素材は、ウール、カシミア、綿、ポリエステルなど様々で、色は無地の黒、紺、カーキ、茶色など地味な色が多い。丈長も股あたりのものから膝丈までいろいろある。レインコートの一種で、トレンチコートから派生したと言われている。

ストール

ストール(ストール)

防寒用や装飾用の肩掛けの一種で、毛皮や羽毛、布製のものを言う。装飾用としては、イブニングドレスなどの礼装のときにミンクなどの毛皮、絹、羽毛、レースで作られたものが利用される。防寒用は、横に長く幅が狭い長方形で、毛織物や毛糸製が用いられるが、マフラーに比べると防寒効果は低い。フランス語では「エトール」と言う。端にフリンジを付けたり、毛皮のストールには裏側にポケットを付けたりする場合がある。ストールの長さはまちまちで、両肩から垂れ下がった端が床に届く程長いものもある。

ストーンウォッシュ

ストーンウォッシュ(ストーンウォッシュ)

ジーンズなどを使い古したような風合いを出す加工のひとつ。ジーンズは、新品よりはき古したほうが独特の風合いが出てオシャレなイメージを与えるため、わざと表面を摩耗させたもの。軽石や人工研磨剤を入れた巨大な洗濯機で洗うことにより、生地の表面が擦れたように色が落ちて白くなる。これにより、長年はき古したようなやわらかさが生地の表面に現れるため、通常の新品より人気が高いとされる。Gジャンやチノパンなどのカジュアルウェアで多く用いられる。

ストライプ

ストライプ(ストライプ)

シャツやジャージーなどの柄の一種で、横縞、縦縞、斜め縞の3種類がある。縞模様として世界的に有名な模様のひとつで、縦縞はチョークストライプ、横縞はボーダー、斜め縞はレジメンタルストライプが代表的。ヨーロッパでは、ストライプ柄を悪魔が嫌うとされ、パジャマやお守りに用いたと言う説がある。レジメンタルは、イギリスの連隊のことで、連隊旗の配色がネクタイやスカーフに用いられるようになったとされる。縦縞は体をシャープに、横縞は体をがっしりしたように見せるとも言われ、体型に合わせて柄を選ぶこともある。

スムース編み

スムース編み(スムースアミ)

両面編みの一種であり、2つのゴム編みを腹合わせにしたもので、両面とも表地だけが見える編み方。「インターロック、ダブルリブ」とも呼ばれる。ひとつのヴェールの間に別のヴェールが介在する組織となる。裏表とも一見平編みのように見える滑らかさを持っていることから、この名称が付いた。同一構成のため、緻密で優しい肌触りと共に、ほつれにくい強さもある。適度な伸縮性があり、弾力性にも富んで、捲れにくく安定感がある。他の編地より多くの糸を使うため、保温性が高い。

スリーブ

スリーブ(スリーブ)

袖のこと。袖と肩の接続は、肩の動きに影響するため、腕の付けあたりのデザインと縫製が服の着心地を左右する。そのため服の種類やデザインによってスリーブの形態も変わる。スリーブは、「セットインスリーブ」「ラグランスリーブ」「ドルマンスリーブ」の3つに大別され、さらにフレンチスリーブやパフスリーブなどに細分化され、様々な種類がある。最も基本となるセットインスリーブは、多くの衣服に用いられ、普通袖とも言う。

スリット

スリット(スリット)

スリットとは「切り込み、裂け目」などの意味で、ジャケットやコート、パンツやスカートなどに入っている切り込みのこと。主に、動きやすくさせたり、装飾のために用いられる。切れ込み部分は、別個に縫い、重なることはない。袖口や襟元に多く見られ、ジャケットやコートの脇や裾、スカートやズボンの裾などに施される。特に細いシルエットの場合は、余裕をもたせるために入れることが多い。スリット・スカート、スリット・ネックライン、スリット・ポケットなどがある。

セブンティーズ

セブンティーズ(セブンティーズ)

1970年代に流行したナチュラル志向のカジュアルなファッション。60年代後半に登場したフラワームーブメントやヒッピー・ファッションの他、大きめのサイズにギャザーやフレアなどをあしらったビッグルック、民族衣装のようなフォークロアルック、迷彩柄の軍服風のアーミールックが代表的で、ベルボトムジーンズ、パンタロンスーツ、チューリップハットなど、プラットフォームシューズなど様々なアイテムが若者を中心に支持を集めた。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。