ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

服の上手な保管方法



服の保管(収納)方法は、単身者にとっても家族持ちにとっても悩ましい問題です。まずは、本当に必要な衣類だけを選び数を減らしてから、自分に合った方法で収納をしましょう。

収納方法は「掛ける」か「たたむ」

服が多いほど悩みが深くなりますが、衣類の収納方法はいたってシンプル。ハンガーに「掛ける」か「たたむ」のいずれかです。まずは、掛ける衣類、たたむ衣類に分類してみましょう。

「掛ける」収納のメリットデメリット

ハンガーに掛ける収納の最大のメリットは、衣類をたたむ時間がかからないこと。仕事が忙しい人であれば、家事にかける時間を短縮したいものです。仕事が無くとも家族が多い場合は、洗濯物をたたむ時間も多くなります。時間を大切にしたい人は掛ける収納をメインにしたプランを立てましょう。また、掛ける収納は衣類を見渡せるのもメリットのひとつ。よく利用するコーディネイトをまるごとハンガーに掛ければ、さらに効率的になります。セーターなどは、ハンガーに掛けると伸びてしまうので、たたんで収納します。掛ける収納のデメリットはスペースを必要とすること。たたむ収納以上に服の保管スペースを確保することが必要になります。

押入れは掛ける収納に活用

掛ける収納をメインにすると、クローゼットだけでは足りない場合が多いと思います。そこで、利用したいのが押入れ。丈の長い衣類は掛けられませんが、短い服は押入れで十分。押入れをクローゼットとして利用するには、ハンガー掛けとなるパイプを取り付けると便利です。釘を打てない場合は押入れハンガーや突っ張り棒などを利用すると良いでしょう。

「たたむ」収納のメリットデメリット

たたむ収納のメリットはなんといっても省スペースなこと。ただし、掛ける収納のように、衣類が見渡せるようできません。しかし、立てて収納すれば、引出を開ければ衣類を見渡せます。スペースを大切にしたい人、収納に時間をかけられる人にはたたむ収納がおすすめ。ただし、ジャケットやコート、皺になりやすい素材の衣類などはたたむ収納にはむいていないので、使い分けが必要です。

収納上手なたたみ方

たたむ収納で心掛けたいのが、収納ケース(引出し)の幅と高さに合わせてたたみ、立てて収納すること。衣服がしっかり入っていればいいのですが、使用して空間ができると、衣服が倒れてしまいます。1枚でも自立して立つように、厚みが出るたたみ方をするのがおすすめです。また、収納ケースは深型より浅型の方がおすすめ。縦長よりも横長の方が全体を見渡せて便利です。

一時掛けコーナーで散らかり防止

クローゼットにしまう前に今日着た服を掛ける「一時掛けコーナー」を作りましょう。掛けておくことで、服に風を通すことができ、服を傷める汗などの水分を取れます。また、カゴを合わせて置くと、部屋着など1度着ただけでは洗濯しない服を一時的に置く場所ができ、あちこちに服が散乱することが防げます。