施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

衣替えとローテーション



服を短い間で何度も着る「ヘビロテ(ヘビーローテーション)」は、服が傷む原因のひとつ。衣替え&服のローテーションで衣類を上手に休ませて、おしゃれを楽しみましょう。

衣替えのコツ

季節の変わり目は、寝具、敷物、カーテンなどの替えどきで、衣替えはついつい後回しになりがちです。着るものだけをタンスの奥からひっぱり出して、何となく過ごしていることはないでしょうか。収納のルールを決めることで簡単に衣替えをすることができます。

不要な服を処分する

着なくなった服を処分し、片づける服を減らせば、衣替えも簡単になります。処分の目安は、3年間の間に着たもの、着なかったものに分け、着なかったものは処分します。さらに、着たものの中に、流行に合わないもの、ダメージが多いものがあれば、これも処分します。

数回に分けて衣替えをする

企業や学校では6月と10月が衣替えの時期とされていますが、年に2回で大量の衣類を入れ替えるのは大仕事です。回数を5~6回に分けることで、入れ替える量が減り、負担が少なくなります。また、肌で感じる季節感に合った衣類を入れ替えできるのもメリットです。季節感に合わせ服をグループ分けし、それぞれを引き出しや衣類ケースに収納します。このとき、季節を問わず着用する衣類のスペースを作っておくと効率的に衣替えができます。

衣類のグループ分け(一例)

着る季節ごとに衣類をグループ分けして収納しておけば、衣替えのときにグループ単位の入れ替えをするだけでOKです。

  • 春夏の薄手の服
  • 真夏の服
  • 秋冬の薄手の服
  • 真冬の厚手の服
  • 通年で着る服

ローテーションを取り入れて服を長持ちさせる

服をきれいに着続けるために大切なのが、洗濯やクリーニング。しかし、良い状態を保つ方法はそれだけではありません。服を休ませることが長持ちさせるコツなのです。

傷みの原因は水分

ヘビロテをすると衣類は傷みやすくなります。衣類の傷みの原因は水分、つまり汗です。短いインターバルで何度も頻繁に服を着ていると、着用時に出た汗を吸うことで、生地が傷みやすくなります。なので、服を長持ちさせるために効果的な手段の1つが、服を休ませることなのです。特にウールなど天然素材は化学繊維に比べ水分を多く吸収します。たくさんの汗を吸収した生地は傷みやすくなっています。着用時に吸い込んだ汗を蒸発させる時間を作って衣類を長持ちさせましょう。

吸い込んだ水分を出す方法

帰宅をしたらすぐに、脱いだ服をハンガーに掛けます。スーツのジャケットなら、厚みがあって型崩れしにくいハンガーに掛けましょう。素材は、吸湿の点から木製のものが理想です。ハンガーに掛けたら、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。特に最初の1日は水分がたっぷり蒸発するのでクローゼットにはしまわないように。スーツなどは芯地が使われているので、水分を飛ばすには2~3日が必要です。服のためには、ヘビロテは厳禁、必要な間隔を空けて着まわすように心がけしましょう。

ビジネススーツは最低3着

服のローテーションで困るのが毎日着るビジネス用のスーツ。皺だらけのスーツでは、見た目の印象も悪くなってしまいます。1着のスーツを着回すのではなく、毎日違うスーツをローテーションで着るようにしましょう。スーツの傷み方が違ってきます。風を通す時間を考えると最低3着は持っていたいところです。