施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

服のクリーニング



服を美しく保つために欠かせないクリーニング。汚れた衣類をそのままにしておくと、繊維についた汚れが化学反応を起こし、ガンコな汚れに変化してしまいます。汚れやシミをつけてしまったときは、できるだけ早く出した方がキレイに落とすことができます。一般的なクリーニングはドライクリーニングですが、最近では特殊な技術で汚れを落とすウォータークリーニング(高級クリーニング)を選ぶ人も増えています。また、最近では保管などのサービスを行なっているショップも増えているようです。目的や用途に合わせてクリーニング店を選びましょう。

ドライクリーニングとウォータークリーニングの違い

ドライクリーニングは、石油ドライ溶剤を使って皮脂など油性の汚れを落とす洗濯方法です。クリーニング店が一般的に行なっているのが、ドライクリーニングです。ウォータークリーニングはその名の通り水を使った洗濯。専門的な技術や特殊な洗剤や機械を用いて、水洗い不可の衣類にもウォータークリーニングを用いる店もあり、一般的なクリーニングに対し、特殊な技術を使ったウォータークリーニングは高級クリーニングとも呼びます。

ドライクリーニングのメリットデメリット

皮脂や口紅、ボールペンやマジックなど油性の汚れがよく落ちるのがドライクリーニング。衣類の型崩れや縮み。色地が発生しにくく、ほとんどの衣類が洗えます。ただし、汗やジュース、ワインなど水溶性の汚れは落とせません。

ウォータークリーニングのメリットデメリット

汗やジュースやワインなど水溶性の汚れをスッキリ落とします。ただし、素材によっては縮みや型崩れが起きやすく、衣類へのダメージが大きいのが難点。いわゆる高級クリーニングと呼ばれるウォータークリーニングは、専門家の技術や特殊な洗剤や機械を使って、繊細な素材も傷めない水洗いを可能にしたもので、油性の汚れも水溶性の汚れもスッキリ落とします。料金はドライよりも高くなりますが、高級な衣類や思い入れがあるものをクリーニングする際におすすめです。

クリーニング店の上手な使い方

ボタンの破損、汚れが落ちていない、型崩れなどの失敗をしないため、店に持ち込む前の確認、汚れや衣類に関する注意点をあらかじめ店員に伝えることでクリーニングの満足度がアップします。

店に持っていく前にチェックしたいこと

クリーニング店に出す前に心掛けたいのは以下の項目です。店に持っていく前に衣類の点検をしましょう。また、店頭で衣類を渡す際に、汚れの箇所や内容、破れやホツレについて確認しておくとトラブル回避になります。また、高級な衣類であることも伝えておくと取扱いに注意してもらえることもあるようです。

  • ボケットの中を空にしておく
  • 取れかけのボタンの有無
  • 汚れやシミの場所の確認
  • 破れやホツレの場所や程度

クリーニング店で注意したいこと

クリーニングを出すタイミングや出し方にもコツがあります。お気に入りの衣類を良い状態で保つため以下のことにも注意しましょう。スーツなど上下対の衣類は一緒に出すことで、風合いが同じようになるように保てます。共布ベルトなど付属品がある場合も一緒に出しましょう。また、受取時にかかっているポリカバーは保管用ではありません。そのまま収納すると湿気がこもりカビの原因にもなるので、すぐに外しましょう。