施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

洋服選びのコツ TPOに合わせた服装



TPOに合わせた服装とは、ときと場所、目的に合ったファッションをしましょうという、日本で考案されたマナーです。TPOには、服装だけではなく態度や言葉使いもその場に合わせて使い分けるという意味も含まれます。

TPOとは

TPOとは

TPOのTはTIMEで「とき」、PはPLACE「場所」、OはOBJECTで「目的・対象」またはOCCASION「場所」とされる場合もあります。いつ、どこで、どんな目的、場面かをよく知った上での服装をすることが、TPOに合わせたファッションであるといえます。基本的には、自分本位にならずに、相手の立場を尊重して、さらにこちらの立場を相手に理解してもらうことがTPOの本意です。おもてなしの心と相手への気配りを大切に考えれば、自ずとTPOに合った服装や振る舞いができるものです。

例えば、パーティーの招待状にドレスコードが明記されていればそれに従えば良いのですが、ドレスコードが無い場合、TPOは各自それぞれが考えて装いをコーディネイトする必要があります。TPOはパーティーだけではなく、レストランでの食事に出かけるときも、会社通勤などの日常生活や、ドライブ、アウトドアでのBBQなどのレジャーなど、どんなシチュエーションにもその場所や目的に合わせたファッションをすることが、大人としてのマナーです。以下に、特にTPOを意識すべき例をいくつかご紹介します。

パーティーやオペラ観賞のTPOファッション

パーティーやオペラ観賞のTPOファッション

フォーマルパーティーではないインフォーマルなパーティーやオペラ観賞に出かけるときの服装は、男性はダークスーツかブラックスーツ、タイを着用します。女性はロングドレスでも良いですが、ワンピースやドレスなどのセミフォーマルな服装でも大丈夫です。パーティーの招待状のドレスコードに「カジュアルエレガンス」と指定してある場合は、「ワンピース以上、イブニングドレス未満」のファッションになります。

高級レストランのTPOファッション

高級レストランのTPOファッション

レストランの中でも、グランメゾンといわれる格式の高いレストランには、ドレスコードが存在します。男性の場合、スーツにタイを着用すること。女性はワンピースやドレッシーなスーツ、ドレスが相応しいファッションです。これは、レストランのためというよりも、他のゲストへの心配りからできたマナーです。記念日などで、せっかくドレスアップして食事に来たのに、隣のテーブルにジーンズにサンダルを履いた人がいたら、晴れやかな気分もげんなりしてしまうかもしれません。また、ビストロやブラッスリーなど、カジュアルなカテゴリーの店にはドレスコードはありません。レストランの中には、男性はジャケット着用が必須な場合もありますので、予約の際に確認することをおすすめします。

友人の結婚式のTPOファッション

友人の結婚式のTPOファッション

結婚式に参列するゲストが白いドレスを着ないことは、最も基本的なマナーとして定着しているでしょう。これは、純白のウエディングドレスを着る花嫁を引き立てるための心配りからできたマナーです。女性のゲストは会場に華を添える心づもりで、色味のある華やかなワンピースやドレスで出席しましょう。真っ黒なドレスはエレガントではありますが、喪服を連想させますので避けた方が良いです。夜の披露宴なら、デコルテの開いたロングドレスがTPOにかなっています。また、ヘビやワニ革など爬虫類のパンプスやバッグは、おめでたい席ではタブーとされています。挙式をカソリックやプロテスタントなどの教会のチャペルで行なう場合、ノースリーブやキャミソールタイプなど肌の露出が多いドレスは禁じられていますので、ストールやジャケットを羽織って参列しましょう。男性ゲストは、昼間ならディレクタースーツ、夜ならタキシードが基本です。