施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

洋服選びのコツ 「ハズシ」を入れる



カジュアルスタイル全盛期の今、頭の上から足の先までキメすぎたファッションよりも、遊び感覚をプラスしたスタイルのほうが格好良いと思われる傾向があります。完璧なコーディネイトにあえてミスマッチなアイテムを投入して、「ハズシ」を入れるスタイルをご紹介します。

「ハズシ」の基本

「ハズシ」の基本

キレイメなコーディネイトにカジュアルなアイテムを投入したり、反対にカジュアルなコーディネイトにエレガントなアクセサリーをプラスするなどといった、ジャンルの異なるものを取り入れるのが、「ハズシ」のテクニックです。ミスマッチともいわれています。そんな「ハズシ」のテクニックをいくつかご紹介します。

足元に「ハズシ」を入れる

スカートやワンピースなど、フェミニンなスタイルにスニーカーやブーツを合わせるコーディネイトは、ミスマッチなようで大人可愛い雰囲気になっておすすめです。ロングスカートの足元にコンバースのスニーカーを合わせたり、タックのはいったふんわりとしたミニスカートにエンジニアブーツなど、相反するアイテムを合わせることで生まれるモードなスタイルは、誰にでも挑戦しやすいスタイルです。

メンズの場合、フォーマルではないパーティーの席であれば、セットアップのスーツの足元にスニーカーを合わせるとおしゃれです。また、ジャケットとジーンズの組み合わせの足元に、エナメルのレースアップシューズでドレスアップさせるコーディネイトもおすすめです。

帽子で「ハズシ」を入れる

ストリート・ファッションでトレンドになっているのが、帽子でハズすテクニックです。今、1980年代のリバイバルで、スケートボードブームが再び起こっています。今スケートボードは「スケート」と呼ばれ、スケートボーダーは「スケーター」と呼ばれています。彼らはB系をベースにしたファッションで、頭にはキャップかニットキャップを被っています。スケーターに触発されたストリート・ファッションの若者が、おしゃれなスタイルにキャップやニットキャップを被ることでハズして楽しんでします。モード系スタイルにキャップ、シックなモノトーンファッションにニットキャップのハズしたコーディネイトを街で見かけるようになりました。

また、ミタノコレクションではジルサンダーがミニマムなスーツにニットキャップを合わせるスタイルを発表するなど、このブームは日本だけでなく、ニューヨークやパリなど欧米のファッション都市のストリートでも見られます。

羽織りもので「ハズシ」を入れる

花柄の華やかなワンピースの上にダンガリーシャツを羽織ってハズしたり、シャツとパンツのキレイ系スタイルにスタジアムジャンパーを羽織ったり、その他にもジーンズスタイルにタキシード風ジャケットを羽織るなど、アウターでハズすテクニックも流行しています。特にダンガリーシャツはアメカジのこなれた感を醸し出してくれるので、カジュアルダウンするアイテムとしておすすめです。ウエストの上の位置で結んだり、ボタンを外してふわりと羽織ったり、様々なコーディネイトが楽しめます。