ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

洋服選びのコツ 洋配色を考える



洋服のコーディネイトにおいて、色の組み合わせ「配色」なくしては着こなしが完成しないほど、カラー・コーディネイトは重要といわれています。配色のルールを覚えれば簡単に洋服の組み合わせができるようになります。

配色の基本

配色の基本

元々、色そのものには不快な要素は無く、色の組み合わせによって、心地良かったり、不快感があったりなど、好き嫌いが出てきます。まずは自分の好きな色、似合う色を見つけてから、洋服をコーディネイトしましょう。そのとき、色数を3色以内に収めるとバランスが良くまとまります。最初にベースとなる色を選びます。次にベースに従属するアソートカラーを決め、最後にアクセントカラーを決めます。ベースカラーは全体の7割りと一番広い部分を占め、次にアソートカラーに2割、アクセントは残りの1割とポイント的に使うという、基本的な配色パターンを念頭に置いてコーディネイトを作ると、メリハリが効いておしゃれに見えます。

アクンセントカラーは小物で取り入れる

アクンセントカラーは小物で取り入れる

誰でも簡単にできるテクニックとして、ベースカラーとアソートカラーをモノトーンにして、アクセントカラーにバッグやベルト、スカーフ、靴などの小物で取り入れるコーディネイトがあります。これが一般に「さし色」といわれているものです。小物には、自分に似合う色を選ぶと良いでしょう。トレンド感を出したいならネオンカラーや鮮やかなブルーがおすすめです。

同系色でまとめる

同系色でまとめる

次は同系色で合わせるという、中級のテクニックを教えます。色を同系でまとめると、全体に統一感が生まれ、温和で落ち着いた雰囲気になります。同系色とは、色相が同じで、明度と彩度が少しずつ違うもののことです。例えば、ブラウンでも赤みがかったものや黄色味を帯びたもの、濃いもの明るいものと、似ているようで微妙に違いが出ます。

反対色を組み合わせる

反対色を組み合わせる

次はさらに上級のテクニック、反対色の組み合わせるパターンです。赤と青、青と黄色、ピンクとグリーンといった、色相還で反対の位置にある色を組み合わせる手法です。コントラストのある派手なイメージですので、色の面積にメリハリを付けると上手くまとまります。

同じトーンでまとめる

同じトーンでまとめる

色の明るさや鮮やかさなど、トーンを同じ色で組み合わせるパターンは、全体的に収まりが良く仕上がります。全身をグレイッシュなトーンで合わせた着こなしは、穏やかでシックな印象になります。ただし、ポイントがないので、地味な印象になってしまうこともあります。ライトトーンは、上品で爽やかなイメージを与え、べビー服などでよく使われています。ペールトーンで合わせるパターンは、パステルであれば淡いピンク、ブルー、イエローなど色味が出るので甘い雰囲気になります。ヴィヴィッドトーンで合わせるパターンは、ぱっと目を引く派手なイメージになりますので、スポーツウェアなどに使われます。