ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

洋服選びのコツ 小物を取り入れよう



カジュアル・ファッションが主流になっている今、小物の使い方によってファッションに差が付きます。ストールやベルト、アクセサリーなどのファッション小物をプラスして、おしゃれを楽しみましょう。

小物の使い方 アクセサリー編

小物の使い方 アクセサリー編

全身ブランドで固めたパワフルなファッションではなく、シンプルでカジュアルな単品をコーディネイトしたスタイルが今風のファッションの主流です。そこへアクセサリーでポイントをプラスすることで、ファッションの印象は変わります。例えば、白いシャツに黒のスリムパンツのコーディネイトの場合、3蓮パールのネックレスを巻けばエレガントなお出かけスタイルに、ターコイズのネックレスと太めのバングルを付ければ夏らしいカジュアルスタイルになるなど、アクセサリー使いによって様々な雰囲気に変化できます。カラフルなビーズを使ったエスニック調やポップなカラーのプラスティックのものなど、色々なアクセサリーを持っていると着こなしの幅が広がります。

次に、アクセサリーでぜひ取り入れて欲しいのがブローチです。男性もパーティーシーンでは、スーツの襟元にピンブローチを付けるのが流行しています。女性の場合、日本ではブローチは年配の方が付けるイメージがありますが、襟元にブローチを付けるとコーディネイトが締まって見えます。ブローチにさらにイヤリングもプラスすると、上半身に三角形のポイントができ、その視覚効果によってファッション性がアップします。

小物の使い方 ベルト編

小物の使い方 ベルト編

ここ数年のレディスは、ウエストの位置がハイウエストになったことで、ウエストをマークしたファッションがトレンドです。シャツはパンツやスカートにインして、太めのレザーベルトでウエストをマークしたり、ワンピースも共布ではなくカラーベルトをウエストに巻くなどして、ポイントにします。革小物であるレザーベルトは、色々なカラーや太さのものを用意しておくと便利です。ベルトの巻き方も先端を一回転させたタイ結びやループ結び、Wループ、お団子結びなど、新しいテクニックも出て来ています。百貨店の革小物やファッション雑貨コーナーには各種ベルトがそろっていますので、探してみてください。

小物の使い方 ストール

小物の使い方 ストール

メンズ、レディスともにおすすめなのがストールです。秋冬はウールやカシミア、春夏はコットンやリネンと、シーズンを通して使える小物です。ストールの巻き方ひとつでセンスアップしますので、色々な巻き方を覚えておくことをおすすめします。まずは、大判ストールを首の周りで一回転させ、両端を両胸に垂らすエディター巻き。ルーズにねじり巻きにしたり、アスコットタイ風な巻き方、アフガンストール風な巻き方、プレッツェル巻きのほか、厚手ウールの大判ストールを広げて体に羽織ってウエストにベルトを巻けばコート代わりになるなど、1枚のストールで巻き方次第で何通りものニュアンスが楽しめます。