ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

洋服選びのコツ 試着の重要性



アパレルショップで買い物をする際、鏡の前で洋服を合わせてみるだけでは、その服が体にピッタリ合うかは分からないものです。フィッティングルームで試着をして、服のラインが合うかどうかしっかり見際める必要があります。そこで、試着の重要性や試着の際に気を付けたいポイントをご紹介します。

試着する際のポイント

試着する際のポイント

いくら流行の服を着ていても、サイズが合っていないと台無しです。サイズが合っていれば、スタイルが良く見えるうえに、おしゃれ感もアップします。自分の洋服サイズを知っていても、ブランドやメーカーによってサイズ感は違うので、洋服に表示されているサイズだけで選ぶのは避けましょう。たとえばトップスの場合、自分はSサイズだからといって、Sサイズだけを試着するのではなくできれば、MもLも着てみましょう。デザインによってはゆったり着た方が似合う場合もありますので、自分のサイズを決めつけないことがポイントです。

また、トップスを試着する場合、販売員に「これに合うボトムスも試着したいです」と伝えてみましょう。単品だけはどうやってコーディネイトしたらいいか分からないので、着こなしのコツも分かって助かります。何枚も試着するのは販売員になんだか気が引けてしまうかもしれませんが、意外とそんなことは気にしないものです。色々なショップで試着を繰り返すことで、自分に似合うファッションが分かってきて、おしゃれのコツがつかめます。

トップスの試着

トップスの試着

トップスを試着する際、3サイズ用意してもらってそれぞれを着比べてみましょう。サイズが小さすぎると顔のバランスが大きく見えたりしますので、肩の線が合っているものを選ぶようにしましょう。また、襟の開き具合によって顔がスッキリ見えますので、小顔効果を狙うならVネックがおすすめです。それから、全体的に上半身にフィットしているかどうか、シルエットが自分に合っているかもチェックしましょう。さらに大切なのが色味です。色によって顔色が悪く見えたり、肌色がキレイに見えたり、似合う色は人それぞれですので、顔映りが良いかどうかも確認して下さい。

パンツの試着

パンツの試着

パンツは自分の体のラインがキレイに見えるものを選ぶためにも、3サイズ試着しましょう。チェックポイントは、ヒップラインがすっきりと見えるかどうか、余分なしわができてないか、全体的に似合っているかどうかを確認します。また、裾直しをする場合、そのパンツに合わせて履きたい靴のヒールの高さに合わせて、長さを処理してもらうのも大切です。ミリ単位の微妙な違いで印象は大きく変わりますので、丈詰めのお直しは慎重にして下さい。

スカートの試着

スカートの試着

スカートの試着は、まずはウエスト。食事をしてもウエストがきつくならないように、指が1本入るくらい余裕のあるサイズを選びましょう。ウエストのサイズが合ったら、次に腰周りのラインがキレイかどうか、そして丈の長さは脚を細く見えるのかをチェック。デザインに支障がなければ、自分好みの丈にお直しするのも良いでしょう。