ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

様々なファッションスタイル
「ストリート」



1990年代以降、ファッションを取り巻く環境が変化して、街のストリートから新しいファッションが発生するようになりました。エリアによってファッションのテイストが変わり、色々なストリートスタイルが派生しています。

ストリートファッションとは

ストリートファッションとは

新しいファッションは、コレクションやブランドなどから発信される意図的なトレンドから生まれますが、1990年代以降は、個性的なファッションを装った若者が街に集まり、そこからトレンドが生まれるようになりました。街で見かけるファッションがすべてストリートファッションになることはありません。原宿ファッションには、ラフォーレ原宿の存在があるように、ストリートファッションが成立するストリートには、ランドマークとなるファッション・ビルやショップがあります。そこに集まってくる若者たちが共鳴し合って、新しいファッションを発信しつづけています。

日本でストリートファッションが生まれた場所は原宿のほかに、渋谷、代官山、下北沢などがあります。現在、ストリートファッションと呼ばれるものは細分化が進み、多彩にジャンルがあります。「ギャル系」、「B系ギャル」、「モード・ミックス系」、「ヒップホップ系」、「ボーイズ・ストリート系」、「コスプレ系」、「ギャル男系」、「カジュアル・テンポラリー系」などにテイストが分かれています。

ストリートファッションとファッション雑誌

東京で多くのストリートファッションが生まれ、発展した理由に、ファッション雑誌との関係があります。原宿のラフォーレ前の交差点には、毎日の様にファッション雑誌によるファッションスナップ撮影が行なわれています。ファッションで個性を表現した若者がファッションスナップ会場を目指して数多く集まることで、ストリートファッションがさらに盛り上がりを見せました。1990年代から2000年前半のファッション誌では、毎月のようにファッションスナップ特集の企画が組まれ、売上部数を伸ばしました。

裏原宿発のストリートファッション

1990年代初頭から原宿の大通りから少し入った路地裏にショップが次々とオープンし、「裏原系」と呼ばれるストリートファッションのジャンルが生まれました。当時の「裏原系」の中心となったショップは「ノーウエア」で、この店は、現在ア・ ベイジング・エイプのディレクターの長尾智明(NIGO)と現アンダーカバーのデザイナー、高橋盾によるものでした。

彼らの店は、スチャダラパーやコーネリアスなど、若者に支持の高いミュージシャンのツアーTシャツを手がけることでブランドの知名度が上がり、多くの男性顧客を獲得しました。そのほかの「裏原系」は、岩永光の「バウンティ・ハンター」や「ヘッドポーター」などがあります。裏原系ファッションは、「スマート」や「boon」などのストリート系のメンズファッション誌に特集が組まれることでも、急激に広まっていきました。