施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

様々なファッションスタイル
「フォーマル」



フォーマルとは、改まった席で着用するスタイルで、冠婚葬祭の際に着る式服のことをいいます。パーティーのドレスコードで「ブラックタイ」と指定された際には、フォーマルドレスを着用します。

フォーマルとは

フォーマルとは

フォーマルとは、改まった、正式なという意味で、冠婚葬祭の際に着る式服のことをフォーマル・ウェアといいます。冠婚葬祭の行事には、結婚式、葬儀、成人式、七五三などがあります。また、フォーマルパーティーでもフォーマルな装いが必要になります。ここでは、葬儀の礼服とブラックタイのフォーマルドレスについてご紹介します。

ブラックタイのドレスコード

ブラックタイのドレスコード

パーティーにはカクテルパーティやレセプションパーティーなど様々なタイプがありますが、パーティーの格や時間帯によって着ていくドレスは異なります。中でも、ディナーパーティーのドレスコードがブラックタイと指定されたものが、高位の格式を表しています。

ドレスコードがブラックタイのパーティーには、男性はタキシードに蝶ネクタイ、女性はイヴニングドレスを着用して出席します。イヴニングドレスは女性の正装で、フォーマルドレスの中でも高位に位置します。イヴニングドレスとは、18時以降に着るもので、ドレスのスカート丈はくるぶしまでの長さ、もしくは後ろにトレーンを引きずる長さであること。基本的に袖はなく、ベアトップやホールターネック、キャミソール型で、胸元や背中が大きく開いたデザインものになります。

素材はシルクやジョーゼット、ヴェルヴェット、レースなど、華やかで上質なもので作られています。一方、男性のブラックタイのドレスコードは、タキシードに黒の蝶ネクタイを指します。タキシードはイギリスではディナー・ジャケット、そのほかのヨーロッパ諸国ではスモーキングと呼ばれています。

葬式のドレスコード

葬式のドレスコード

葬儀や告別式に出席する場合のドレスコードは、黒の礼服=ブラック・フォーマルになります。女性の喪服はスーツもしくはワンピースで、長袖で、襟元も詰まったタイプ、スカートも膝下丈と、できるだけ肌を露出しないようなデザインのものが基本です。夏は長めの半袖でもかまいません。色は黒で光沢のあるものや透ける素材は避けましょう。バッグは小さくて光沢のない布地のタイプが正式なものになります。靴はカーフなどで光沢や装飾が付いていないシンプルなパンプス。ストッキングも黒にします。アクセサリーは、ホワイトパールやブラックパールがおすすめです。

一方、男性の喪服は、正式な服装は昼間にはモーニング、夜はタキシードになります。しかし、親族でない場合は略式礼装であるブラックスーツに黒のネクタイが正しい礼服になります。ポケットチーフは付けずに、付けるとしたら黒を選びましょう。シャツは白無地、ソックスは黒の無地を着用しましょう。アクセサリーは結婚指輪以外は避けて下さい。時計は、光る素材を使っているタイプは外しておきましょう。