ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

素材を知る[生地編] 絹



蚕の繭からとった動物性繊維で、独特の光沢を持ち、古来より珍重されてきました。蚕が体内で作り出すたんぱく質フィブロインを主成分とし、1つの繭から約800~1,200mとれるため、天然繊維の中で唯一の長繊維(フィラメント糸)になります。また、原材料は蚕を養殖(養蚕)して作る家蚕絹と、野性の繭を使う野蚕絹に分けられています。

特性

特性

絹の性質は軽くて丈夫で、肌触りが柔らかく、その上吸湿性があり、染色が容易で発色性は繊維の中で最も良いです。通気性にも優れています。また近年では絹のアミノ酸成分が肌に良いなど、健康・美容効果が期待できるという説も出てきています。その特性から、ドレスや着物のようなフォーマルウェアから、肌に直接触れる下着やパジャマとしても重用されています。短所としては、水に弱く洗濯が困難で、汗じみになりやすく、また、虫に食われやすく、日光で黄変しやすいことです。

絹の歴史

絹の歴史

シルクロードの名で知られるとおり、絹は古代中国の特産物で、世界中がこの美しく着心地の良い生地を手に入れることに力を注ぎました。時代や地域によっては金と同じ価値を持った、この高価な貿易品は長い歴史を有しています。

世界史

世界史

絹は紀元前3000年頃、すでに中国で生産されていました。前漢の時代には蚕室での温育法や蚕卵の保管方法が確立されていたといわれます、また、北宋時代には公的需要の高まりによって両税法が銭納から絹納へと実質切り替えられたため、以後、農村部においても生産が盛んになったようです。中国だけが持つ養蚕、製糸技術のおかげで、古い時代から絹は中国からインド、ペルシア方面に輸出されていました。その輸出経路がシルクロード(絹の道)と呼ばれるものです。

紀元前1000年頃の古代エジプト遺跡から中国絹が発見されており、また古代ローマでも絹は上流階級の衣服として好まれました。6世紀になって、絹の製法は東ローマ帝国に取り入れられました。その後、中世ヨーロッパのシチリア王国が自国での生産を始め、ヴェネツィアが絹貿易を行ない、イタリア各地で絹生産の輪が広がりました。さらにフランスのリヨンが続き、リヨンは近代ヨーロッパにおける絹生産の中心となりました。

日本史

日本史

日本にはすでに弥生時代には絹の製法が伝わっていて、律令制では納税のための絹織物の生産が盛んになっていました。しかし当時の品質は、中国絹よりはるかに劣っていたようです。このため日本の上流階級は常に中国絹を珍重し、これが日中貿易の原動力となっていたといわれています。

明王朝の時代には、日本と明との貿易が禁止されたため、当時東アジアに来航したポルトガル人が、日中間の絹貿易を仲介しました。さらに、江戸時代の鎖国後も中国絹は珍重されたため、長崎には中国商船の来航が認められ、国内商人には糸割符が導入されていました。

この間、日本国内産の蚕は劣悪なものが多く、西陣や博多などの主要絹織物では中国絹が原材料として用いられていましたが、鎖国が行なわれ始めた寛永年間から品質改良が進められました。この結果、貞享年間には、初めて江戸幕府による中国絹の輸入規制が敷かれ、更に同幕府の8代将軍徳川吉宗は貿易赤字是正のため、天領、諸藩を問わずに絹生産を奨励し、江戸時代中期には日本絹は中国絹と遜色が無くなったといわれます。このおかげで、幕末の開港後は絹が日本の重要な輸出品となりました。

明治以降、養蚕、生糸生産は機械化が進み、1909年(明治42年)には世界第1位の生産量を誇るまでになり、日本が近代化を進める上で重要な基幹産業になりました。第2次世界大戦後は合成繊維の台頭などにより、衰退しています。

絹織物の種類

絹織物の種類

歴史の古い絹織物は西洋、東洋とも種類は多種多様です。また、蚕の種類によって、吐く糸の太さ細さやなめらかさ、吐き出す糸の太さの連続性は異なるので、特性は大きく異なりますが、細い糸で織られた織物ほど軽く、艶も出るので価値が高いとされます。麻、木綿、化学繊維と比べ、発色性は染料の種類を問わず最も高いため、繊細な染柄を表現するのに最適な繊維といえます。

本しゅす(サテン)

本しゅす(サテン)

絹、またはその他の繊維をしゅす織りしたもの。非常に光沢があり、豪華な雰囲気を持つため、ドレス、帯地、ハンドバッグなどに使われます。帯地に使われるものは特に太い糸を使って厚く編み上げる。また、チャイナドレスに使われている本しゅすを特にタンタンピースといいます。

シフォン

シフォン

片糸撚りの生糸を、粗い平織りにした絹織物のことです。視覚的に透け感があり、柔らかく軽やかな印象を与えます。柔らかいものは婦人用のベール、肩掛け、夏用の衣類や帽子の装飾などに使われます。ややしっかりしたものは、ドレス、ブラウス、スカーフなどにも使われます。フランス語でぼろ布・雑巾という意味ですが、服飾用語としては、薄く柔らかい織物、またはそれを使った衣類の装飾のことを指します。

西陣織

西陣織

京都の先染め織物の総称です。西陣とは、応仁の乱時に西軍(山名宗全側)が本陣を置いたことにちなんだ京都の地名で、「西陣」および「西陣織」は「西陣織工業組合」の登録商標です。応仁の乱後、 西陣で織物生産を営んでいた秦氏ゆかりの綾織物職人集団を「大舎人座」といい、東陣の「白雲村」の練貫職人集団と京都での営業権を争っていました。その結果、1513年(永正10年)の下知によって京都での絹織物の生産を独占し、1548年(天文17年)に「大舎人座」の職人のうち31人が足利家の官となり「西陣」ブランドが確立されました。「西陣」の織物は富裕町人の圧倒的な支持を受け、18世紀初頭の元禄~享保年間に最盛期を迎え、日本特有の着物文化を支えてきました。