ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ビッグモール
服屋[アパレルショップ]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

アパレル情報

ファッションにまつわる仕事



華やかなイメージを持つファッション業界には、実際にはどんな仕事があるのでしょうか。ファッション関係といっても色々なジャンルがありますが、ここでは主な専門職の仕事内容についてご紹介します。

ファッション業界で働くプロフェッショナルたち

ファッション業界で働くプロフェッショナルたち

ファッションの世界には、ファッションアイテムの企画、デザインや、製作する仕事、そして、でき上がったアイテムを売り出すために消費者に販売促進して宣伝する業務があるなど、多岐に渡って様々な仕事があります。ファッション業界の代表的な仕事をリストアップします。

ファッションデザイナー

服のデザインをするのがファッションデザイナー。アパレルメーカーに所属している場合は、MD(マーチャンダイザー)やPR(プレス)、営業担当者と打ち合わせを行ない、企業の戦略に基づいてデザインを起こします。デザイナーは、ブランドのイメージや戦略に沿って、シルエットやディテールを考慮しながら、製品のイメージをデザイン画に起こします。与えられた条件のなかで自分らしい個性を発揮することが大切です。

また、企業に属さない独立したインディ系デザイナーは、デザイン画を描くクリテイティブな能力のほかに、PRやセールスなど起業家の素質も必要になってきます。ファッションデザイナーになるために特に必要な資格はありませんが、素材や染色の知識やパターンやソーイングの技術などが必要です。

パターンメーカー

パターンメーカーとは、一般にパタンナーと呼ばれ、ファッションデザイナーによるデザイン画を元にして、型紙を起こす仕事をする人のことをいいます。立体的な洋服のイメージを想像しながら型紙を起こして、商品サンプルの製作まで行ないます。フランスではモデリスト、イタリアではモデリスタといいますが、近頃の日本のアパレル業界では、経験豊富で腕のいいパターンメーカーのことをモデリストと呼ぶようになってきました。

プレス担当&アタッシェ・ド・プレス

アパレルメーカーやデザイナーオフィスなどでPR(広報)を担当する人のことをプレスといいます。プレスの仕事は、ファッション雑誌の撮影や、テレビ番組でモデルやタレントが着用する衣装の貸出しなどを行なうのが業務です。ここ数年、日本でもアタシェ・ド・プレスという職種も登場しています。本来は報道担当官という意味のフランス語ですが、アタシェ・ド・プレスの役割は、デザイナーやブランドの広報活動を行なう他、ファッション雑誌の編集者や小売店のバイヤーに向けて、展示会への案内も行ないます。

スタイリスト

スタイリストの仕事は、雑誌やテレビの撮影やファッションショーなどで、タレントやモデルのファッションをコーディネイトすることです。スタイリストになるために特に必要な資格はありません。常にトレンドに敏感であることや、ブランド情報に精通していること、そして、撮影などで求められている小物や衣装がどのショップで借りられるかなどの知識も必要です。

また、スタイリストには、もう1つの異なる業務があります。それは、アパレルメーカーに所属するスタイリストで、仕事内容は、企業のファッションコンセプトに基づいたストーリーを作成し、デザインや素材、色の方向づけをします。