ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト服屋[アパレルショップ]リサーチ

アパレル情報

日本の主なアパレルメーカー「しまむら」



低価格のカジュアルウェアを大量仕入れ、大量販売している「ファッションセンターしまむら」。ティーンの女の子からも大きな支持を集めています。関連ショップも含めて1,800を越える多店舗でチェーン展開しています。

しまむらの沿革

しまむらの沿革
  • 1953年(昭和28年)で、埼玉県比企郡小川町で営業していた「島村呉服店」を営む島村恒敏氏が株式會社として設立。
  • 1961年(昭和36年)に本社を埼玉県東松山市に移し、「しまむら」チェーン1号店を同市にオープン。本社では集中管理制度を確立とともに、セントラルバイイング制を採用して、チェーン化への基盤を固めました。同年には店舗数が6店舗に。
  • 1970年(昭和45年)、同社初となる総合商業施設「東山ショッピングセンター」を開業しました。
  • 1972年(昭和47年)、株式会社しまむらに社名を変更。コンピュータによる独自のシステムを導入したことによって、埼玉県北西部のローカルチェーンから広域チェーンで多店舗経営化に進みました。
  • 1982年(昭和57年)、埼玉県大宮市(現・さいたま市)に本社を移転。
  • 1997年(平成9年)、ヤングカジュアル専門店「アベイル」をスタートさせます。その後、服飾雑貨の「ジャンブル」、ベビー用品の「バースデイ」、靴専門店「ディバロ」と各種のショップをオープンさせます。また、中国上海市や台湾にも進出を果たし、
  • 2012年(平成24年)には、しまむらグループで1800店舗を突破しました。消費活動が停滞している今、若い層を中心に「しまむら」が注目されています。「しまむら」着る若い女性は「しまラー」とよばれています。

しまむらグループの展開ショップ

しまむらグループには、ターゲットとなる客層や、取扱いアイテムによって、様々な形態のショップを出店しています。

ファッションセンターしまむら

1店舗につき4~5万アイテムがそろい、圧倒的な商品数で楽しませてくれるショップ。商品は自社のオリジナルではなく、500社もの取引先から仕入れています。若い女性から支持される理由は、ただ安いだけではなく、トレンド性があっておしゃれなアイテムがお手頃価格で手に入るショップだといえます。

カジュアル&シューズ アベイル

デイリーに着たいカジュアルウェアが手に入るショップ。メンズとレディスのほか、シューズもあります。

ベビー・子供用品 バースデイ

ベビーと子供用品の専門店で、普段着として活躍するベビー・子供服が充実しています。アパレルのほかに、おもちゃや生活雑貨もあり、出産から子育て期間に必要な便利なアイテムが充実しています。

おしゃれ生活空間 シャンブル

快適でおしゃれなライフスタイルを演出する、インテリアや生活雑貨、アパレルを提供するショップです。

ディバロ

シューズと服飾雑貨のコーディネイトを提案する、新しいタイプの婦人靴専門店。日本で企画・生産された確かなクオリティのシューズが手に入ります。

流行服飾館 思夢樂

台湾で展開している「しまむら」のチェーン店。グローバル展開の足がかりとして1998年(平成10年)に第一号店がオープンし、台湾国内で36店舗を展開しています。(2013年(平成25年)7月現在)

飾夢楽

「飾夢楽」は、中国で展開するショップです。2012年4月に中国大陸進出第一号店がオープンしました。日本のトレンドを時差なしで届けています。