ご希望の服屋[アパレルショップ]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト服屋[アパレルショップ]リサーチ

アパレル情報

日本の主なアパレルメーカー
「TSIホールディングス」



2011年(平成13年)に東京スタイルとサンエー・インターナショナルが経営統合して誕生した持株会社が株式会社TSIホールディングスです。傘下の子会社とグループ会社の事業を支配して、管理しています。

TSIホールディングスの沿革

TSIホールディングスの沿革

東京スタイルとサンエー・インターナショナルが経営統合したことによって、2011年(平成23年)6月1日に誕生した巨大アパレル企業。同社のグループ事業では、アパレルメーカーや海外ブランドのライセンス事業など、数々の業務を行なっています。東京スタイルとサンエー・インターナショナルの2社それぞれの事業内容をご紹介します。

東京スタイルの沿革

  • 1949年(昭和24年)に婦人服総合メーカーとして東京で創立。
  • 1964年(昭和39年)、フランスのジャンヌ・ランバン社と提携を結び、立体裁断や多サイズ化を業界に先駆けてはじめました。
  • 1970年(昭和45年)、イギリスのコジャーナ社と提携。
  • 1971年(昭和46年)「マイドル」「エヴァン・ピコン」「レポルテ」の販売を開始し、ミッシー・カジュアルのマーケットを生み出しました。その後、ラージ・サイズやスモール・サイズの市場も創出。
  • 1980年(昭和55年)には、パリにブティック「MOSAIQUE」をオープン。
  • 2003年(平成15年)に「ナノ・ユニバース」をグループ化した後、株式会社ジャック、株式会社スピックインターナショナル、株式会社イジットなど、次々とグループ化を行ない、事業を拡大しました。
  • 2011年(平成23年)に株式会社サンエー・インターナショナルと経営統合しました。

東京スタイルのブランド

東京スタイルには14のレディスブランドがあります。その一部をリストアップします。

  • スタイルコム
  • 22オクトーブル
  • アリスバーリー
  • ナネットレポー
  • ブリジット
  • ジェラール・ダレル

サンエー・インターナショナルの沿革

  • 1949年(昭和24年)に大阪・船場に三宅敏彦氏が創業した、三永株式会社がはじまりです。1980年代のブランドのブームに乗り、「ピンキー&ダイアン」「ボッシュ」「ノーベスパジオ」「ヴェールダンス」などをヒットさせました。
  • 1987年(昭和62年)、社名を株式会社サンエー・インターナショナルに変更。1990年代には「ナチュラルビューティ」「ナチュラルビューティ ベーシック」「ボディドレッシング」「パーリーゲイツ」など数々のブランドを発足しました。
  • 1996年(平成8年)以降は「ジル スチュアート」や「ヴィヴィアンタム」など、アメリカのデザイナーズブランドの日本国内における事業展開を開始しました。
  • 1999年(平成11年)には、アウトレット事業を開始したほか、「ピンキーガール」を設立して、セクシーカジュアルマーケットに参入を果たしました。2000年代には、キッズアパレルのブランドや、編集型ショップ、セレクトショップ、ライフスタイル雑貨ブランドなど、様々な業態のショップをオープンさせています。
  • 2011年(平成23年)、東京スタイルと経営統合しました。

サンエー・インターナショナルのブランド

主にレディスブランドを中心に、キッズやメンズ、セレクトショップ、ライフスタイル雑貨ブランドと、バラエティに富んだ35ブランドがあります。

  • アドーア
  • ボディドレッシング デラックス
  • バービーキッズ
  • ダイアン フォン ファステンバーグ
  • キャス・キットソン
  • ジル スチュアート
  • マテリア
  • フリーズショップ
  • ヒューマンウーマン
  • アングローバルショップ
  • マーガレット・ハウエル
  • キャロウェイアパレル