施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

アパレルショップの形態
アウトレットストア



海外インポートブランドや人気のドメスティックブランドのアイテムが格安で手に入るアウトレットストア。アウトレットストアが集約するアウトレットモールは、日本各地で年々店舗数が増加し続けています。

アウトレットストアの特徴

アウトレットストアの特徴

シーズンが外れた商品や、売れ残ってしまった在庫品はセール販売を実施します。ところが一流ブランドの場合、セールを行なうとブランドイメージが損なわれて、正規販売に影響を与えてしまうため、正規販売とはっきり区別した上で、アウトレットストアで余った在庫を販売します。ショップでセールを行なうブランドでも、当然、商品は売れ残ってしまいます。アウトレットストアでは、シーズン外れのキャリー品や、今シーズンでも過剰に余っている在庫品、キズがついたB級品やサンプル品を販売しています。正規価格で販売するショップとは別の場所にアウトレット専門のショップを設け、商品の価格を下げて販売を行なっています。

アウトレットストアの種類

アウトレットストアには以下の2種類があります。

  • メーカーが自社で生産したものを直接販売するファクトリー・アウトレット
  • 小売店がメーカーから仕入れた在庫品を販売する「リテール・アウトレット」

アウトレットストアの人気の理由

休日を利用してドライブがてら、アウトレットモールに出かける人も多いのではないでしょうか。アウトレットモールの魅力は、憧れの高級ブランドのアイテムが格安で手に入れることができたり、普段は利用しないショップにも気軽に入れたりして、そこで思わぬ掘り出しものを見つけるなど、宝探し気分が楽しめるところです。アウトレットモールには200を越える店舗数を有するところもあるので、一日たっぷり楽しい時間を過ごせます。

アウトレットストアの歴史

アウトレットストアは、1980年代にアメリカで誕生しました。当初はメーカーの工場の一角や倉庫で在庫品を販売していたのがはじまりで、ファクトリー・アウトレットストアと呼ばれました。これらの店舗を1ヵ所に集めたものをアウトレットモールと呼ぶようになりました。アウトレットモールは広大な敷地を擁するため、郊外の高速道路や幹線道路沿いに作られています。

アウトレットモールが日本に上陸したのは、1985年(昭和60年)につくば万博の跡地を再利用してつくられた、ショッピングモールがアウトレットモール第一号店といわれています。その後、日本では90年代後半に、アウトレットモールが出店ラッシュを迎えます。日本のアウトレット市場にアメリカから大手SCディバロッパーのチェルシープロパティグループが上陸して、2000年(平成12年)に「御殿場プレミアム・アウトレット」を開業しました。現在は、このグループによる「チェルシー・プレミアム・アウトレット」と、三井不動産系のららぽーとマネジメントによる「三井アウトレットパーク」の2社が日本国内で有名です。