施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

アパレルショップの形態 チェーンストア(SPA)



スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、同じ店名で全国またはエリア展開するチェーンストア。アパレルショップもチェーンストアの形態でビジネス展開している企業があります。ユニクロに代表されるSPAもチェーンストアの業態に含まれます。チェーンストアの特徴や様々なチェーンストアのシステムをご紹介します。

チェーンストアの特徴

チェーンストアの特徴

同一のショップ名でほとんど同じ商品を取扱い、11店舗以上で経営展開する小売業や飲食業のことをチェーンストアといいます。ブランドや、商品、サービス、店舗デザインを統一して、数多くの小売店を経営する手法です。アパレルには、ファッション量販店、ファッション専門店のチェーンがあるほか、ユニクロなどのSPAもチェーンストアの形態をとっています。

チェーンストアのメリットは、一括して本部が商品を仕入れることによって、効率を上げるとともに、コストダウンも図れること。本部は仕入れの他にも事業戦略や商品開発、財務、管理を行ないます。そのためショップでは、販売業務に集中することができ、さらに効率が上がるしくみになっています。また、11店舗以上という多店舗で展開することによって、広告宣伝効果も上がります。チェーンストアには、全国展開するナショナル・チェーンと、ある特定の地方に集中して展開するローカル・チェーンがあります。アパレルショップの場合は、ほとんどがナショナル・チェーンになります。

チェーンストアの経営と運営のしくみ

チェーンストアには、経営方針や店舗運営など、そのビジネスの業態はいくつかの種類があります。

①一般的なチェーン
全国または地方の様々なエリアに同じショップを出店する方式。
②フランチャイズチェーン
本部が独立経営するショップに、その地域で独占的に商品を供給するとともに、ショップ経営のノウハウを提供する形態です。ショップスタッフの管理方法やファッションアイテムの商品構成、販売促進のテクニックなどを提供する代わりに、店舗のオーナーは、本部にロイヤリティを支払います。
③ボランタリーチェーン
独立した小売店の経営者が協力しあって、共同で仕入れをしたり、ショップ名を共通にしたり、販売促進も共同することで、経営をスムーズにさせるシステムです。

SPAのチェーンストア

SPAとは、商品の企画から生産管理、小売販売までトータルで行なう形態です。アパレルの製造卸とアパレル小売業の機能を持ったうえで、PB商品を扱うことで、ビジネスの効率化を図ります。ユニクロやユナイテッドアローズなどはSPAの形態で、全国でチェーンストア展開しています。SPAにはメーカー系とリテール系に分かれます。

メーカー系SPA

もともとはアパレル製造卸でしたが、直営店を作り、販売と運営に乗り出した業態です。

リテール系SPA

もともと小売業だった企業が、アパレル製造卸も行なうようになり、SPAになった業態です。

  • ユニクロ
  • ユナイテッドアローズ
  • セシルマクビー