施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

海外のアパレルショップ事情



世界のアパレルの動向を牽引する、海外のアパレルショップの状況をまとめました。大量生産&大量消費を基盤とするアメリカのアパレルショップ、ファッションブランド直営のショップやセレクトショップが強いヨーロッパなど、地域性によってアパレルショップをとりまく状況は様々です。

アメリカのアパレルショップ事情

アメリカのアパレルショップ事情

アメリカのアパレルショップはチェーンストアがメインです。百貨店はヨーロッパブランドを扱う高級志向タイプと、低価格アイテムを大量に販売する大衆向けタイプの二つに分かれます。また、アパレル専門店のセレクト系ショップは販売力が弱く、SPA(製造小売業)が主流となっています。

チェーンストア

チェーンストア

アメリカ国内では、繊維産業が盛況な上、中国やアジア、中南米など、海外から低価格商品を大量に輸入して、アパレル製品が市場にあふれています。アパレルショップの業態はチェーンストアがメインで、大量仕入れをすることで低価格を実現し、アメリカの大量消費社会を支えています。その他に、Jクルーやギャップなどに代表されるSPA(製造小売業)が大規模にチェーン展開をしています。また、スーパーセンターといわれるディスカウントストアとスーパーマーケットを組み合わせた業態の大型店でも、食品や家電製品、家庭用品と共にアパレルが販売されています。ウォルマートやターゲット、Kマートなどのスーパーセンターでは、主にファミリー向けのアパレルを取り扱っています。

アメリカの百貨店

アメリカの百貨店

アメリカの百貨店は、もともとは都市の中心部に位置し、都市生活者のための買い回り品を扱う業態でしたが、今日は全国的にチェーン展開する百貨店が増えました。郊外には百貨店のアウトレットを出店し、品質の良いブランドものを格安で販売しています。

高級百貨店

メイシーズグループ、ニーマン・マーカス、ブルーミングデールズ、ノードストローム、サックス・フィフス・アベニューなど

大衆向きの百貨店

シアーズ、JCペニー、コールズなど

アパレル専門店

アメリカではセレクト系ショップが弱く、SPA(製造小売業)が主流となっています。SPAは消費者の情報をダイレクトに生産につなげて、低価格で消費者が求める商品をショップに取りそろえることで、売上げを伸ばしています。

ヨーロッパのアパレルショップ事情

ヨーロッパのアパレルショップ事情

ヨーロッパのファッションの都であるパリ、そしてロンドン、ミラノのアパレルショップの状況を見てみましょう。ヨーロッパでは、百貨店やデザイナーズブティック、ラグジュアリーブランドブティック、ファッションメーカー直営店、セレクトショップ、SPA(製造小売業)など、高級路線のアパレルショップから、低価格のアパレルショップまでバラエティ豊富に展開しています。

ヨーロッパの百貨店

ヨーロッパの百貨店

海外ブランドから、ドメスティックブランド、インテリア、宝飾品、食料品まで、上質でセンスの良いアイテムがそろう百貨店は、とくにパリとロンドンで高い人気を誇っています。パリではギャラリー・ラファイエットとオ・プランタン、ロンドンではハロッズ、ハーヴェイ・ニコルズ、セルフリッジが注目されています。

セレクトショップ

セレクトショップ

海外ブランドやドメスティックブランド、服飾雑貨など、バイヤーが独自のセンスで買い付けるヨーロッパのセレクトショップは、世界中からバイヤーの動向に注目が集まっています。パリのコレット、ミラノのディエチコルソコモ、ロンドンのブラウンズが代表的です。

ラグジュアリーブランドブティック

ラグジュアリーブランドブティック

ヨーロッパ都市の目抜き通りには、ラグジュアリーブランドの直営ブティックが軒を並べ、最高級の製品を最高の環境とサービスで提供しています。パリならフォーブル・サントノレとアベニュー・モンテーニュ、ロンドンは、ボンドストリート、ミラノはモンテナポレオーネがブランド街として知られています。