施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のアパレルショップ(衣料品店)情報を無料で検索できます。

ホームメイトアパレルショップ(衣料品店)リサーチ

アパレル情報

アパレルショップの歴史



1960年代から現在に至るまで、日本におけるアパレルショップは発展と改革を経て充実しています。国内での既製服の需要の拡大に始まり、時代によって変遷していくアパレルショップの歴史について年代を追ってご紹介します。

1960年代~ オーダーメイドから既製服への移行

1960年代~ オーダーメイドから既製服への移行

1950年代前半までは、紳士服と婦人服は和服と同様に注文仕立てが主流でした。1960年代の高度成長期に消費が拡大して、アパレルメーカーによる既製服の需要が大きくなりました。これによってアパレルショップは大きく発展。百貨店では既製服の売場を広げ、全国の百貨店で既製服が手に入るようになりました。

1970年代~ 専門店がファッションをリード

アパレルショップが百貨店に次々出店する一方で、「三愛」や「鈴屋」といった婦人服専門店が次々と誕生して全国にチェーン展開して既製服を普及させました。この時期には「アンアン」「ノンノ」などの、ファッション誌が次々と創刊されたこともブームの後押しをしました。また、アパレルメーカーや商社が海外のファッションデザイナーのブランドとライセンス契約を結び、国内で製品を製造・販売し、ショップ展開を始めました。

1980年前後 DCブームの到来

アパレル業界は、1980年代前後にDCブランドブームを迎え、メーカーは日本人デザイナーズブランドを次々とプロデュースしました。デザイナーズブランドのオンリーショップを路面に出店するほか、百貨店やファッションビルに次々と出店しました。また、1985年(昭和60年)のプラザ合意による円高への移行でインポートブランドが次々と日本に進出したのもこの時期です。

1990年代~ アパレルの構造改革

1990年代初頭にバブル経済が崩壊、長期の消費不況の時代に突入。アパレルショップの売り上げは急落し、アパレルメーカーの中には、経営再建や経営統合などを余儀なくされるところも多くありました。そんな中、自社商品の製造・小売りを一貫して行なうSPA型企業の誕生や、生産拠点を中国に移転する企業が続出しました。また、海外からのインポートものを独自のカラーで打ち出すセレクトショップ、若手経営者による新しいアパレルショップの登場で、市場に新しい風を吹き込みました。

2000年代 新しいマーケットを開拓

国内のアパレルショップのマーケットは、少子化の影響もあり縮小傾向にありますが、多様化するニーズに対応した新しいマーケットの開拓も進んでいます。例えば、今までは自由な時間が無かった団塊の世代が、定年後におしゃれを楽しみたいという要望に合わせてシニア層をターゲットにしたマーケットを拡大するということです。また、少子化の影響で、子供服にかける金額も上がって来ています。これは、両親に加え、祖父母までも、子供に衣服を贈る「シックスポケット」現象によるもの。おしゃれなベビー服とキッズ服のブランドが次々に誕生して注目されています。

1990年代半ばから2000年代にかけて、海外から多くのメガブランドが参入して、銀座、丸の内、表参道、新宿など都心の一等地に直営店を相次いでオープンさせています。日本をアジア戦略の拠点にする動きを強めています。

アパレルショップの今後

現在のアパレルショップでは、衣服だけでなくファッション性豊かな服飾雑貨も提案するファッション・アパレルショップへと発展しています。また、海外進出によるグローバル化など、新しいマーケットの開発も進んでいます。今後は日本ブランドの世界進出がより一層進むことでしょう